2018年5月24日 (木)

仮題:休息日なので思考実験

A:事務職に就いた場合、

  オフィスでいろんな操作をすることになる。
  場合によっては、コマンドプロンプトを使った方がいい場合や、
  組み合わせた方が良い場合もある。
  通常のタスクと少し難しいタスクを一覧で思いつくままに書いてみようと思う。

B:じゃ、Wordから~

A:
1)雛形を使って、文章と写真を入れ替える
2)雛形を作る(表)
3)~~のお知らせを1から作る


A:思いつかないからExcel
1)二つの表からダブった名前などを抽出又は判別
2)空欄を探す
B:じゃ次はAccess
1)クエリで条件に合うもののリストを抽出

A:PowerPoint
1)トラブルシューティング表を作る
2)~~のお知らせを1から作る
B:全てに言える事だけど、作業用フォルダーを作って
  コピーして作業する事が肝心だよな。
  ソレと確認作業が必要。
  時として、Excelは自動計算が動かないものがある。
  基本設定を変える場合、スクリーンショットで作業を記録する必要も在る。
A:今のところ、パッと思い出せないのはAccessのクエリくらいだかな。

2018年5月23日 (水)

仮題:病状回復 その一

A:病気(病名は正確には判らない)も気力も回復してきた。
  記憶力、運動能力、意欲に向上が感じられる。

  
  また、過去の想いに囚われる事がなくなってきた。
  定期的なクスリの摂取の効果によるものだと思う。

B:2ヶ月前の絶薬による相乗効果なのかもな。

A:ああ、先生は言ってたな。一度クスリを絶ってみたいと言ったら
  「そうしましょうか~」
  1ヶ月で、過去の失敗や不安に苛まれ、相談したら
  「再開する?クスリ」
  そしてもう一度、クスリを飲み始めたら気持ちが安定してきて、先生に報告したら
  「今回の断薬で、クスリの"効果を自分で納得したから"良く効くようになりますよ」
  こうも言ってたな、
  「これからクスリとは上手く付き合っていけばいいんですよ」

B:言ってたね。

A:こうも違うものなんだな。"自分が納得するか否か"ってことは。

B:お前にとっては、ソレは大きな問題だったんだな。

A:約一年掛かったんだな。

B:だな。

A:今日は雨だ。ツーリングにもいけない。バイクの修理で残っているのは
  
B:Rブレーキシューだけだったな。3600円

A:後、パーツカタログにあったクラッチのカバー800円くらいだったか。

B:ビーノは?大丈夫?

A:ん~Rブレーキシューが鳴く位だから、分解整備すれば、グリスアップで
  解決すると思う。
  あ~センタースプリング交換したいなぁ。変速帯をもう少し高回転に移行させないと

B:でも最高速が落ちるんじゃ無いの?

A:ん~ほんの少しならたぶん大丈夫だと思う。

B:だとするともう少しウェイトローラーの設定の同系車種からの転用した方がよくないか?

A:ん~調べてみるよ。たぶん2りんかんで買うのと変わらない値段だからね。

B:こういう時、ネットって便利だな。

A:まだ残ってればいいけどなぁ、あの情報。

B:ちなみにセンタースプリング緩めるスパナも捨てちまっただろ?

A:あっ。

B:どうすんだよ。

A:たぶん何とかなる。友人Iの店に行けば!

B:じゃ、今日はセンタースプリングの情報集めか?することは、他に無いのか?

A:ん~まずは始めてみるよ。

B:まぁ、そうしてみろ。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
B:で、結局、交換しないのか?

A:ノーマルで十分と判断した。XSのブレーキーシューとワイヤーブーツだけにするよ。

2018年5月16日 (水)

仮題:

A:結局、今のところの結論として、"理不尽と思われる状況にいかに耐えられるか?"

  コレが、自分の一番の症状への挑戦ということになるだろうと思う。

B:ほう。

A:昔の恩師がサッカーの名門の出で、ツバでボールを拭いていたという話を
  皆の前でした時、ソノ温度差はすごいものだった。けれども、
  今こそ、ソレが必要になった様に思う。俺の病理には、特に、だ。

2018年5月15日 (火)

仮題:

A:そういえば、最近楽しいこともあった。

B:ほうほう。
  友人SMと遊んだこと以外にか?

A:四葉のクローバーを7つ見つけた。

  スマホの担当者がバイクツーリストでハードキャンパーだった。

  高山にスクーターで行ってキャンプできた。
  峠越えもできた。

  今日はバイクでも行ってきた(キャンプはできなかったけど)

B:ん?明日ネットの工事日だろ?

A:ああ、だからできないのは承知の上でキャンプ道具一式を搭載して
  楽しく走れるかどうか試してきた。

B:で、どうだった?

A:手製の振り分けバッグの片方がどっかに消えたw
  途中で落ちたらしい。やっぱり右は、大きくバンクするとタイヤに干渉するらしい。

B:で、今日帰りに友人Iのところでステーを手に入れたのか。

A:ん~あれで大丈夫かどうかわかんないけどね。
  多分ダメだから、明日、ドリリングと熱による曲げ加工をしてみる。
  ステンレスってどうやって曲げ加工するんだろうな?
  すぐに折れそうだ。

B:じゃ、調べろよ。

A:そうしてみる。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

A:熱を加えて曲げるらしい。ただ、かなり赤化するほどに加熱する必要がありそうだ。

2018年5月14日 (月)

仮題:

日A:で、結局、問題点に新しい切り口を得る事も無く、銭湯に行き、居酒屋に行き、

  カラオケに行って一日が終わり、次の日はずっと雨だった。

B:で、何してたの?

A:ツーリングから帰って疲労の極限だった上にオールだったから疲れてた。
  さらに、雨で何にも出来ないから、食材を買いに行った。
  そしてマーガリンを買い忘れてきた。

B:じゃ、今日は?

A:朝から家の雑事をこなし、床屋に行き、携帯屋さんに手続きに行き、
  バイク屋で問題のあったドレンボルトを交換してきた。
  上手く言ったみたい(^-^b
  まぁ、ついでにネットの注文方法とかを手伝ってきた。

B:ほうほう。珍しくトラブルが無いな。

A:ああ、そういえば、友人Iのところから帰宅しようとしてヘルメットをかぶったら、
  鳥の糞が落ちてきた。もう少しで頭に落ちるところだったよ。

B:なんだそりゃ。で、その後は?

A:平和なもんだった。コレで今日はおしまい。
  ん~16日午前中にネットの工事が来ることと17日に診察、21日に面接の予定。
  後は特に無い。

B:って事は、17日以降は20日までは空いてるんだな。
  またツーリングしていたら?

A;ん~いいねぇ。
  天気次第だけど、どこ行こうかな。
  あって忘れてた。

B:ん?

A;今日は四葉のクローバー7つもみつけたよ、
  いまテーブルに生けてある。
B;いい子とあるといいな。

Aうんうん、でも、美武力として書いておきたい、
  三つ葉は二つが絡まってお互いを補完しているんだなって思った。
  ただソレ開けのこと。
  道路に写った電柱の上の小鳥の影や
  二つで一つになっているクローバー
  いいものを見た気がする、
  総じていい日だったよ。

2018年5月12日 (土)

仮題:

A:ゆるキャンしてきた。

B:笑顔が戻ってよかったよ。ようやく新しいことにチャレンジしたり、
  森や空を見て楽しいと思えるようになったのは良かったな。

A:で、さ、家に帰ってきて、雑事すまして、少し寝ようとしていたら
  一昨日話をしたビックローブのカスタマサポートから電話が入って
  いきなり、ateamの回収キットを送りますと連絡してきた。

B:は?このタイミングってのも妙だな?お前が一昨日こっちから連絡して
  確認して対応したのに、素知らぬ感じで返却の仕方をこちらが
  間違えたかのように処理しようとしているよね。

A:「それはおかしいよね?」って返して一旦電話を切らせてもらったんだけど・・・

B:ん~、どうなんだろうな?それ。

A;でもさ、俺、自分をそうやっていい様にされることに我慢が出来なくなってる。
  この5~6、そうやってひどい目にあいすぎたからね。

  けど、過敏に反応してしまうってのは・・・まずいと思ってる。
  今、心が安定してきて、能力も戻ってきていると思う。
  病院の検査の結果以上に実感している。

  けれども、
  そういう性質は、結局変わっていないんだなって実感させられたよ。

  「いい様に扱われるのが~」と思うこと自体がおかしいんだろうか?
  友人SMに相談したいよ。

  !!!おおお!電話かかってきた!
  とりあえず会いに行くとするよ。

B:おお? おお。

2018年5月 8日 (火)

仮題:

A:一昨日もらったテントを組み立ててみたよ。どこも壊れてなかったよ~

B:そうか、良かったな。それでアルミシートはどうしたんだ?

A:結局、一人でしか利用しないし、運べないから半分に切った。

B:そうか~振り分けで搭載するのか?

A:そうしたかったんだけど、そうすることでかなり車体幅が広がることが
  すり抜け走行時に危険なので、車体後部の荷台に括り付けることにした。

B:で?振り分けバックは?

A:作ってみた。緊急時のファーストエイドパック(右)と
  携帯&PSP充電器(左)でうまく収まったよ。

B:走行時にバタついたりしないのか?

A:試してみたけど、大丈夫だった。うまく収まったよ。問題は
  雨が降った場合には、ずぶ濡れになるから防水スプレーで対応かな?

B:まぁ内部に入れている装備は当然透明の気密袋に入れるんだろ?
  にしてもカバーあるといいのにな。

A:ん~結局、ちょっとした雨にしか対応できないと思うから
  基本、晴れた日にしか使えないかなとは思う。
  どうしてもの時は二つともメットインの中か、防水袋に入れて
  後ろに括り付けるしかないかな。

  まぁ、今回、大将から防水スプレーもらったからそれで対応するよ。

B:よかったなぁで、完成なんだな?

A:ああ、フットスペースの前の方にテント&シュラフ&カッパを入れたバック
  すぐに取り出せるようにファストエイドキットと充電器
  後ろにアルミシートx2

B:ん?メットインスペースは?

A:空きにしておいた。上着を脱いだり、お土産を入れないといけないからね。

B:一応、リュックサック(空)くらいは居るだろ?

A:ああ、そうするよ。それとフットスペースの上のテントを入れたバックの上部が
  スペース的に空くから、大型ウェストポーチを入れて温泉に備えるよ。

B:あ~タオルとか財布入れる様にするんだな。

A:そうそう~。
  ただねぇ・・・

B:?

A:焚き火とか、キャンプ必須道具が・・・持ってないし、置く場所がない。

B:まぁ、それはどうせお前のことだからツ空きすれの装備にするんだろ?
  じゃメットインスペースに入れて解決じゃないか?

A:食材はね。でも、網焼き機やカップ、ヤカンとかは・・・
  やっぱり専門の道具じゃないと収納できるようなものが必要だと思ったよ。

B:そうだよなぁ。シュラフくらいの大きさの筒に入る感じだといいなぁ

A:それなら後部にアルミシートと一緒に括り付けられるからね。

B:今度、調べてみなよ。

A:そうするよ。

B:でもさ、

A:ん?

B:大型バイクでツーリングする場合、上記の内容を生む方法がないな。

A:完全に振り分けバックが必要になるね。あと、パニアケースかな
 
B:ん~むずかしいなぁ。それじゃぁ走って楽しむなんてできなくなっちゃうよ。

A:ライディングをスポイルするなんてなぁ、

B:でも、キャンプはしたい気がする。

A:そうなると、何か自作しないといけないかもね。今くいろいろと
  固定できる台座がさ。

B:それもいいなぁ、作ってみろよ。

A:ん~今度そうするよ~~キャンプはしてみたいからねぇ

B:だねぇ。あの星空を味わうってのは格別だったねぇ。

A:うんうん。まぁ食べ物はいまはどこにでもあるからね、自販機も
 
B:そうだなぁ~

2018年5月 7日 (月)

仮題:

A:ここ数日、気力がスタミナ切れしていない。
  友人SMの奥さんからもらった野菜が効いているんだろうか。

B:なんにせよ。人から大事にされるって嬉しいよな。
  実はその部分が大きいのかもな。

A:病院の薬も続けてるし相乗効果あるかも。ちなみに今日は一人焼肉してきた。
  限界まで食べて動けなくなるまで食べて寝てた。

B:雨だから何もできないからな。それに合否発表は9日だろ?

A:ああ。
  それに此のところ、良く走りまくってたから、そろそろ調子整えないとなと
  思ってね。今日はスタミナ補強の日にしたんだ。

B:なるほどね。
  そういえば、soodaの質問にそんな回答してたなお前。

A:ああ、本当に「この質問って俺が書いてるんじゃ?」って
  質問が多いんだよな。それを第三者視点で俺が答える。
  そして他の人間の反応が分かる場合もある。
  本当に孤独な老人にはうれしい場所だよ。

B:でもさ、お前が好きなものって結構の確率で無くなるよな。

A:ん~マイノリティは自覚してるけど
  行きつけの店が無くなるのは仕方ないよ。飲食店関係は息が短いのが普通だ。
  それにタバコ於銘柄が次々に消えていったのもそう珍しいことじゃない。

B:そういえば、お前がいつも元奥さんのために買っていた草餅は
  定番化されて早数年だな。息の長いものもあるっちゃあるよな。

A:そうそう、あるっちゃある。
  そういえばyamahaでのデザインなんて廻り回ってXSに戻ってきたし~

B:そりゃお前がそう思ってるだけだろ?

A:でも2気筒が主流になったし~名前もXSだし~なんだかうれしい。
   昔、デザインしてた通りのバイクが世で走ってることが嬉しいよ~。
   水冷なのがもったいないとは思うけどね。
   カムバック、ディバージョン!

B:でさ、話を元に戻すと、今後の予定ってどうなってる?

A:ん~9日次第だな。

B:だよな。でもアルバイトでもいいから働けるといいな。

A:ああ、今は最高に調子がいい。
  薬のこと、体力のことは大丈夫だ。
  で、悪夢については今日、soodaに質問したよ。
  誰か、答えてくれると嬉しんだけどな。
  明晰夢くらいしか回答がなさそうな予感がしてる。

B:そうだな・・・
  悪夢を乗り切るには、一応、
  1)着替え、シャワー
  2)熱いコーヒー、タバコ
  くらいか?

A:今のところ、それしかない。予防策としては
  スタミナの補充と睡眠不足を起こさない事かな。
  睡眠不足については、本当にどうしようもない。
  薬だけが頼りだ。
  もう少し早くにこの薬に出会えていたら
  悪夢自体はどうしようもなくても、
  睡眠不足による動悸や神経衰弱には対応できていたと思う。

B:仕方ないよ。それも運命だよ。

A:そうだな。
  そういえば荒唐無稽な話をしてもいいか?

B:あ?いつもの、か?

A:いつも・・・まぁそうだけどさ。
  えっとな、今、つまり未来が過去に影響を及ぼすって考え方があるだろ?
  SFでよくあるよな。

B:SFって言うか厳密にはファンタジー分類だろうな。
  で?

A:あれって、今が過去に意味を与えるって事が出来るって話だよなって思ったんだ。

B:ほうほう。お前にいしてはえらく前向きな発案だな。
  って言うか、多分、普通の人はそう解釈してると思うぞ?

A:え?そうなの?俺はてっきり運命論(SF)の一種かと思ってたよ。

B:そういう考え方も否定はしないけど、それって中学生レベルだろ?
  運命が決まってるって言っても一個人の細かなことまで
  全部決まってるなんてありえないよ。現実もんだとしてさ。
  ファイナルディスティネーションって映画のこと前にお前言ってたよな?

A:ああ。

B:つまりあれはSF映画で主人公やヒロインの視点で物語が進行している。
  それを観客がドキドキしながら見てるって寸法だ。
  つまり、アレだよ。

A:あっ、ラッセルの「乞食が死んでも彗星は現れぬ~」もクダリか・・・

B:そうそう「王妃の死こそ~」ってやつだよ。お前は別に特別な人間じゃない。
  大体、それは嫌だろ?

A:そうだな。普通になれないマイノリティとしては嫌だな。
  何かに立ち向かうっていうシュチュエーションは燃えるけど、
  孤立させられるそれは、本当に辛い、辛いんだよな。
  もう、そんな力は残ってない。

仮題:

A:昨日は朝6時から下呂のJoyfullまでビーノ80(仮)で行ってきたよ。

B:おお!ソロキャン装備でテスト走行か?

A:まぁテント持ってないからシュラフとカッパと持てるだけの荷物積んで走ってみたんだけど
  片道約100キロってところかな。何とかなりそうだよ。いろいろ寄り道しても夕方3時ごろ
  友人Iの店に着いたから、行動半径としては150~200キロは走破できそうだ。
  原付二種って便利だなぁ。

B:道のり車の邪魔にならなかったか?

A:それなんだけど、よくよく考えると、田舎道で農機具積んだ軽自動車いるじゃん。
  あれと一緒で、道譲ればいいんだよね。だから大丈夫だったよ。
  それに最高速は60km(ハッピーメーターでは65km以上)で、
  下りならメーターは水平まで行ったからね^^

B:それ足回り大丈夫か?

A:ん~余裕だったよ。さすがリアサスコイルが初期型JOGよりも強化されているだけのこと  はあるね  で、それよりも大事なことが!

B:ん?

A:早い時間に友人Iの店に着いたら店の壁のペンキ塗りを頼まれてやった。
  そしたら 中古のテントもらえたん だ!これで完全にソロキャン可能になったよ!Dsc_0005

Dsc_0003_2
 A:どうよ。全部乗っけてみた。メットインスペースにはリックサック!
  これで旅先で食料買い出ししても大丈夫だよ!
  念を言えば・・・加速が鈍すぎるクラッチスプリングとウェイトローラー
  取っておけばよかったよ・・・バイクの予備部員何から何まで捨てちゃったなからなぁ。

  あっ、右の写真は、次の日に美並村の道の駅に行った時の写真」。
  わら村までの道が好きで走ってきた。下見できた。ちょうど雨にも降られず
  に帰ってこれたよ。  こういうのは本当に運がいいよな~俺って。

  あと、聞いてくれ!

B:うい?

A:ほぼ全開で走ったのにガソリン代は1000円に満たないんだ。
  (まぁオイル大のいことは置いといて、4stの原付二についていけるんだぞ!
  これで低速改造したら完璧じゃないか!

B;なるる、ビーノで行けるってことだな?

A:ああ、今日はXSでわら村のダイナマイト喫茶店に行ってきた。
  途中でいい場所があったからジムカーナしてた。それは収穫だったな。

A:うんうん。後は天気の問題だけだ。
  あと、サイドに貼りつけた吉崎観音のサーバルちゃんが色ろあせてきたんで、
  ペンギンに変えないとな。

A:あ!そういえば虫よけ対策がまだだった。

B:それに電装系の改造まだだろ?コンバーター?は

A:あ~ソレはね・・・いたるところで充電できるから大丈夫。
  でも大丈夫、必要うならきっと手に入るよ。いつのものことだからね。

B;そういえばいつもそうだったな。

2018年4月30日 (月)

仮題:

A:昨日は、千客万来。ツーリングやら、お茶のお誘いがあり、結果一万円近く消えた。仕方がない事なんだけどね。友人SMにはカラオケ代全額おごってもらってしまった。
B:情けないなぁ。
A:いや、正直凄く嬉しかった。
  更におみあげまでもらって、友人家族にも感謝してる。薬を断っていた時期本当に辛かった。あの時期に
  重ならなくて良かった。
B:その分、元奥にSMS打ちまくったよな。ダメダメだろ。
A:だな。ただスマホに変えてちゃんとつながっているのか不明だったから…まあ、言い訳だな。

2018年4月26日 (木)

仮題:

A:今日、診察だった。

B:そうか。

A:朝から頭使ったせいか、頭が痛い。
  締め付ける感じと、…

B:ん〜、なんだか調子悪そうだな。
  診察はどうだったんだ?
A:話し合いの結果、薬を再開する事になった。

B:そうか。ちなみに今朝は何に頭使ったんだ?

A:soodaって言う相談サイトの回答をしてた。
  回答は没頭出来るからね。

B:でも頭痛くなってたんだろ?
  どんな相談だったんだ?

A:なんで人はどうにもならない事で悩むのか?
  進化してもっとドライになれないものか?
  と、言うものだった。

B:お前はどう答えたんだよ?

A:そういう人は悩む事が快感なんだろう
  だからセットでやってくる感情に飲まれる危険を
  顧みず、いつまでもループをしているんだろう。
  但し環境が変わるとだんだんループ出来なくなる。
  よって自分で環境を変える事でループを刷新出来る
  この仕組みさえわかっていれば変化(進化)は
  不必要だと言う旨の回答をした。

B:本気か?

A:ああ。ただ、時間がかかると思う。
  行きつ戻りつしてるとこじれる。
  俺の場合、こじれて薬のお世話にならざる事態に
  なってしまったというだけだ。

2018年4月25日 (水)

仮題:

A:20170223まで見直した。

B:ふんふん。

A:よくあんなに書き込んだものだ。
  関心した。

B:とうことは今は以前の様な気持ちじゃない
  ってことか。いいことかもな。

A:焦る気持ちを冷静に観察出来るようになって
  きたのかもしれない。
  それほど自分は優秀でも無能でも無い
  今は充填するしかないと諦めが着いた感じだ。

仮題:

2018年4月24日 (火)

仮題:

A:今日は、名古屋地区に出勤する想定で、6時半過ぎに、今週末に面接予定の会社まで
  出かけてみた。

B:なるなる。

A:偶然にも昔務めていた会社と同じ駅で下車だったのでなじみの喫茶店を訪ねたけれど
  もう数年前につぶれていたようだ。あそこのママさんには大事にしてもらっていたから
  会えなくてとても残念だった。元気でいてくれるといいんだけどなぁ。

B:fourroseだったけ?

A:ああ、いつもオマケしてくれたり話しかけてくれたり、救われてた。
  よほど思いつめた顔してたんだな当時の俺は。

B:あの頃はそりゃ最低の時代だったからな。まぁその後も
  問題だらけだったけど、本社勤めのあの3年間はよく頑張ったよお前。

A:そういえば、その最後の3年目に最大級の修羅場だったもんな。
  という事は・・・34にアレがあったのか。17年前のことなんだな。

B:よくよくお前は現世をたっぷり味わってるよな。良いことも悪いことも
  併せてぎっしり詰まってるな。

A:まったくだ。もう少し穏やかに過ごしたかったけどな。

B:で、どうだ?ソコの会社は通勤できそうか?

A:ああ、問題ない。駅まで原付で通わないといけないから
  雨の日の対策くらいかな。それにしても片道10分だから
  相当な豪雨でもない限り、上に羽織るだけで大丈夫だろう。
  背広を準備しようと思う。

B:あ~、そういえばこの5年は背広とは縁のない仕事だったから、
  ちゃんとチェックしとけよ。

A:ああ、これを書き終わったらすぐにするよ。

B:ちなみに今日は鬱な気分にやられていないか?

A:大丈夫らしい。でも、やはり夢は見たよ。アレは堪えるな。

B:まぁ、就職してもしなくてもあれは無くならんだろ。そんな気がするぞ?

A:だよな。まぁしかたない。うまく付き合っていくよ。

2018年4月23日 (月)

仮題:

A:昨日は日中熱くなりそうだったから、海に行ってきた。
  けど、タバコとコーヒーの取りすぎで気持ちが悪くなった。
  眠たいのに眠れないアノ感覚だ。

B:目の焦点が合わないのは部屋にいるせいだという事で
  海を見に行ったんじゃなかったっけ?

A:ああ、そうだった。少し忘れていたよ。途中までは覚えてていたんだけどな。

B:また気分に飲まれた?

A:そうだな。それを避けるためにも海に行ったんだけど、・・・
  なに もかも忘れられるほどの危険走行は、もうできない。
  それに海はそれほど癒し効果はなかった。

  そういえば、尾翼の無いとびが飛んでたなぁ猫にでもやられたのかな

B:・・・
  結局、そっからはずっと思い出をたどる時間になっちゃったわけか。
  そりゃ疲れるな。

A:どうしてもあきらめきれていないんだな俺は。

B:そうだなぁ、あきらめきれないの無理に切ろうとして、また後悔しての繰り返しで、
  状況をどんどん悪化させていくのがお前のパターンだよな。
  本当にあきらめきれていないかは別として・・・

A:もう自分に嫌気がさすよ。もう本当に死んでしまいたい。

B:お前、最近、死にたいってよく言うようになったな。前は少なくとも
  文面にはあまり書かなかったのに、

A:そうだな。

B:で、もう終わったことにいつまでも関係を続けようと女々しくこだわるのは
  今が満たされないからだけじゃないのか?
  今が充実していたらお前、そこまでこだわらないだろ?

A:そうかもしれないな。

B:だとしたらめちゃくちゃ自分本位だな、連絡される相手の身に少しはなれよ。
  放置してくれてるだけ彼女は優しいな。

A:そうか。

B:そうだよ。お前、結局自分本位でアレコレ考えてるだけのくせに
  彼女のことを大事に思ってるだぁ?
  だったらたまに連絡入れるのがベストな選択だってわかってるだろ?
  最近なんで頻繁にSMSや電話かけてんだよ?
  それが良く受け取られたとしても彼女の負担にしかならないって
  わかってるだろ?

A:でも、くるしいんだ。

B:その苦しさだけが今生きてる実感なんだろう?おいしいんだろ?お前、
  空いた時間を埋めるために使ってんだろ?ほかに何も心動かすものがないからだろ?

A:ああ、無い。何もする気が起きない。最低限生きていくのに必要なことだけしか
  したくない。興味を持てない。

B:自分をもう少しうまく操縦しろよ。彼女という存在に依存しているままじゃないか?
  離婚しても未だに依存したままなんておいしいとこ取りじゃないのか?

A:でももうそれしかない感じなんだよ。正直、就職すれば、しなくちゃならないことが
  目の前にあれば悲壮感ありながらもなんとか時間を埋められると思う。

B:あ?また同じことを繰り返すつもりなのか?
  人の役に立つ人間になりたいんじゃなかったのか?

A:そう思える時もある。けど、苦しい気持ちに飲み込まれると
  もうどうでもよくなる。俺って本当にどうしようもないな。
  死んだ方がいいかもしれない。

B:そうか、
  折角、生きるためにこの道を選択したのに、その部分を振り切れなかった
  んだな。うまくいかないもんだな。

A:ああ、

B:じゃぁ仮にお前、死ぬとするじゃん?でどう死にたい?

A:そうだな。できればなるだけ人の迷惑にならない形で死にたいな。
  それからお金は光代に渡したいかな。

B:ん?彼女はお金を持つと碌な選択をしないぞ?今までだってそうだったろ?

A:そうだな。でもなぁ・・・じゃぁ友達にでも渡すかな。

B:親は?

A:あの人たちはそれを待ってると思う。どうせ俺が死んだら保険金が入ってくるとか
  考えていそうだ。

B:そこまでか。

A:そうじゃない面もあるだろうよ。けど、
  これまでの経緯を考えるとそうとしか考えられない。
  窮すればそうなる。悲しいけどそうじゃない面なんてあまり想像できない。

B:そうか。
  で、お金の処理はわかった。
  人に迷惑かけないで死ぬなんてそんな都合のいい死に方なんてあるのか?

A:ん~結局、無いと思う。単独の事故死くらいかな?

B:事故死なんていやめちゃくちゃ迷惑だろ。
  結局誰かが死体を処理しなくちゃならないんだぞ?
  やっぱりそこは森の中で死ぬのが一番だろ。

A:じゃ、森の中でオーバードーズして死ぬしかないか。

B:オーバードーズの上に、凍死かな。それしかなさそうだな。
  ん~かなり深いところに入らないと腐乱するまでに見つかってしまうぞ?
  そうすりゃ迷惑だな。

A:そんな深い森に入るのもめんどくさい。

B:ん~結局、お前、自分本位なんだな。
  ん?そうか!お前実家で死んだら?
  そうすれば、残したお金でお前処理してもらえるぞ!
  WinWinじゃないか?

A:あってそういう選択肢もあるな!
  でも、ん~、どうだろう。確かにな。お金を渡して、2~3日滞在して
  でもなぁ 家に誰も居ない時あるかなぁ。
  あっ豊川の別荘で死ねばいいのか!
  あそこなら目が届かない。

  でもなぁ、死ぬのか俺。

B:めんどくさいか。そっか、じゃ、もういいじゃん。アパートで死ねよ。

A:ん~大家さんに悪い。いい人だしなぁ。前のアパートで
  孤独死したおじいちゃんや下の階で自殺した人のことを考えると
  自殺って迷惑かけまくる。ん~

B:結局、死にたくはないんだろ?
  例えば、お前の時間を埋めてくれる楽しいことがあれば
  それでお前はいいんじゃないのか?
  例えば、宝くじで7億円があたるとかあれば、もう大丈夫なんじゃないのか?
  彼女のことも、就職のことも、親のことも

A:そうなのかな?

B:そうじゃないのか?結局、彼女のことも、仕事のこともうまくいけば
  過去のことをそんなに憂いたりしないんじゃないのか?
  ちょっと前にデイケアに行っていたとき、デイケアのゆるゆるとした
  空間で事案をつぶしていられたときってどうだった?
  

A:そうだな、そんなに悩まなかったな。 B:だろ?お前は環境に左右されやすい。 A:と言うことは、今の環境の何が悪いんだろうな? B:何の予定も無い事? A:一応、先の予定はあるんだけどな。   ここ数日は全くなかったな。 B:それと…後、なんだろう? A:あっ、昨日思ったんだけど、結構疲れているかも B:何もしていないのに? A:悩みながら何かをするって簡単な事でもつかれるじゃないかな? B:つまり、ここ数日、お疲れだったから? A:そんな気がしてる。 B:どうすればお前は疲れが取れるんだ? A:過去の対処方法で考えると…う〜ん、 B:本を読むとか? A:今は読むテーマが無い。 B:とりあえず図書館に行ってみれば? A:それもしてみたけど今は虚しく感じる。 B:今はなんでもそうだろ? A:アニメ見たり漫画読むってのは今してる。 B:それはどうなの? A:結構、時間は忘れていられる。けど、 B:けど? A:目が疲れる。 B:じゃあ、もう寝てろよ。 A:悪夢を見る。 B:う〜ん。ちなみに悪夢ってどんななんだ? A:希望のある夢だ。起きて現実との隔絶に絶望する。 B:あ〜<蜘蛛女の誘惑>の主人公の夢と同じだな。   麻美子の時と同じだな。 A:無茶苦茶辛いぞ、結婚後、おさまったけど   また、再開。寝るのが怖い。 B:無駄に夢のあるアニメを避けるのはそれが理由か? A:そうだ ゆるいアニメは楽に見られるけど、苦難を乗り越える   タイプのアニメは苦しくなる。 B:難儀だな。 A:避けなくちゃならないのはNTR系だけかと   思っていたんだけど…難儀だ。   でもどちらも魅力あるんだよな。 B:刺激が欲しいんだろうな。お前は A:そうか、生きてる実感が欲しい=心が激しく揺さぶられる状況って事か… B:つまり、手軽な興奮を欲しいから、   だから、害があるのに見たくなる。   お前の本当の行動原理はやはり   充実感が欲しいんだろうな。 A:それが俺の真ののぞみか、   なら、それに関わる行動をしていれば   こんな気持ちに取り込まれなくて済むのかな? B:お前は根本的には利己主義者だ。大丈夫だろうな。 A:じゃあ、具体的にはどうすればいいんだ? B:面倒がらずに目的をしっかりもっていれば  いいんじゃないか? A:思いつかないよ。 B:お前は何かテーマを投げ込まないと頭動かない   からな。 A:そうか、SOODAとか、本を読むってのは意味が   あったんだな。 B:お前の頭を活性化させるには最適だな。   その上で自分を満足させる目的を模索すれば   いいんじゃないか? A:そうだな。   

2018年4月19日 (木)

仮題

A:今日は朝から少し動悸がする。なんだろうな。
  仕方ないから早めに家を出た。まあ税金早めに
  収めたいから銀行寄って喫茶店でも入ろう。

B:全く金のかかる症状だな。

A:ああ、全くだ。

B:あっ、そうだスマホはどうだ?

2018年4月18日 (水)

仮題

A:苦しいって、具体的には、胸がきゅっとするのと、
  頭がじ〜んとする感じ。後、寒気かな。

B:そうか。

A:これが不意にやってくる。ん?

B:どうした?

A:いや、これって単なる体調の異常だな。あれ?
  だとしたら、これって別に気にする事無くないか?

B:まあ、そうだな。
  
A:あれ?いままで何で精神の異常の発露だと
  思ってたんだろ?

B:なんでだろうな。それっていつ起こるんだっけ?

A:ん〜。寝起きの時もあれば、いろいろだな。

B:ふ〜ん、何か共通点があれば発生の原因とか
  対策が打てる様な気がするけど。
  まあ、単なる生理現象なら、気にするだけ無駄か?

A:呼吸法とかは、試したけどね。前は、どうしてたっけ?
  ん~。寒気だったかどうか覚えていないけど、不安やさみしさらが湧き上がって
  来た時には、とにかく動くことにしてたかな。お金かかってもいいから
  喫茶店に行くとか、勉強するとか、本を読むとか、風呂に入るとか。

B:なんでそれを辞めちゃったんだ?

A:ん~なんでかな。逃げてるだけじゃダメだって思ったのかな?
  一度、しっかり沈んでしまわないと同じ事の繰り返しだって思ったような気がする。

B:で、どうだった?一度しっかり沈んでみて?

A:ん~、結局、生きる気力が消えるところまで行き着いたと思う。
  まぁ、動けなくなるような本当の鬱は28の時に一度経験したから思うんだけど、
  その一歩手前まで行って、愚かな自分と彼女たちの行いについては、
  腹に落とすことができた。結局、人って、そういう生き物で、避けられないと納得したよ。
  少し悲しいけどね。

B:ほうほう。それは大躍進だな。じゃ、もう彼女たちの裏切りは許せたんだな?

A:ああ、人間の根本はそういった好奇心や欲なんだと納得したよ。それがなかったら
  そもそも結ばれなかった部分もあるからね。ただ、もう少し俺が寛容であれば
  よかっただけなんだと思う。根本的に建前を信じすぎていたからだと思う。

B:まぁなんだ、うまくいかなかったのはいろんな要素があるだろうから、その部分だけに
  すべての答えを求めてもだめだろ。まぁ、いろいろあったんだよな。

A:ああ、そうだな。一方的に彼女たちが悪いわけじゃ決してない。
  いろいろだな。いろいろあったんだよな。

B:で?これからはその動悸、寒気、頭痛とかはどう対処するんだ?

A:まぁ。体調不良の原因は基本的に生活の乱れだろうから
  規則正しい生活を心がける事かな。

B:ふんふん。それで症状はだんだん無くなるってことだな?

A:それと、俺は環境の影響をもろに受ける人間らしいから、
  見るもの聞くものの影響を受けやすい。だから、身の周りを整理する必要はあるかも
  知れないと思ってる。

B:整理って・・・悪い影響のあるネットとかは、今はある程度制限してるよな?
  そのことか?

A:まぁ、それだけじゃないかもしれないな。もう51だ。年齢にふさわしい趣味でも
  持ちたいものだと思ってるよ。アニメとか見てるとなんだかふわっとしすぎて、
  たまに辛くなる時がある。

B:でも、他に面白いもの見つけられたのか?

A:いや、今のところ、以前のようにいろいろと興味が湧いてくるってことは無いよ。
  できれば家でじっとしていたい。何なら死んでしまってもいい。
  現実世界はつまらないからね。

B:はぁ?

A:ぶっちゃけ、いつ死んでもいいという捨て鉢な気持ちは今尚無くなっていない。
  でも、それじゃいろんな人に迷惑になるから前を向いているだけだ。
  あまり希望はもっていないよ。だからポーズとして楽しい姿勢を保ちたいだけなんだと
  思ってる。バイクだってもう興味は消えてる。ただ捨てられないから
  動くうちは使ってやろうとしているだけだ。PCもTVの代わりみたいなものだ。
  時間つぶしだな。動画は何の努力の無しにいろいろ面白がらせてくれる。
  楽だからな。

B:あ~、希望か・・・これから家族を持つってのは無理だろうな。それに
  新しい友達ってのも難しいか。人の役に立つってのも・・・できる事なんてなさそうだし。

A:な?だからさ、自分のしたいことをして生きていくだけなんだろうけど、
  したいことがなぁ。酒もダメ、趣味もダメ、女の遊びもダメとあんれば、
  TV見てるしかないだろ?

B:お前、すでに何か変な気持ちに飲まれてるよな。

A:ああ、もう何の話をしていたかも忘れちゃったよ。っていうか、今こうして
  文章を打ち続けていることに何の意味があるんだろうな。

B:まぁなんだ。それ、こんな時こそ、時間つぶしでもしたら?
  
A:ん~お金使いたくない。

B:じゃ、アニメでも見たら?音楽聞くとかもいいんじゃない?  

2018年4月17日 (火)

仮題:

A:決して満たされることのない被害者意識の塊、それを抱えていたんだという事に
  漠然と気が付いた。

B:どうしたんだよ?唐突に

A:いや、朝のさえてる時間にちょっと考えたら、そういった自分の気持ちの仕組み
  気が付いた。だからやるせない気持ちになるんだってね。

B:ん~良くわからないキーワードだけど、お前は、そう思ったんだな?

A:ああ、自分がどうしてこれまで社会不適合を起こしてきたのか?
  どうしていつも仕事を辞める方向ばかり突き進んできたのか。
  それを考えたんだと思う。その答えがそれらしい。

B:ふ~ん、被害者意識が強くて、お前を少しでも非難や否定する言葉に、
  やたらと過敏に反応してしまう原因がそれってことか。

A:そうだと思う。その上、関係する人には、決して理解されないという決めつけもあった。
  だから他人というか周りの人間を加害者認定してしまう癖が出来ていたんだと思う。
  そのアウトプットの結果としてはじき出されていたんだと追う。
  
B:そうか、お前の中でいろんな決めつけが出来ていた。そしてそれは、
  決して救われることのない論理として成り立っていた。だから、
  病気のさなかのお前は「決して満たされない被害者意識の塊」だった。
  それは他人への非難という言動につながり、クビへとつながっていたという事か。
  で、今は?

A:いや、根本的には変わっていない。ただ今は、それは行き止まりの考え方で、
  その結論に行き着く前提を一つ一つ修正しないと苦しいだけだし、
  どこに行ってもだれと会っても同じ結果に行き着くんだとだと思いついただけだ。
  
B:なるほどな。

A:実際、今考えても、他人には、俺の悲惨な状況は理解できないと思う。
  他人から見た自分はダメで悪いやつなのだと思っている。決めつけている。
  そして、それだからこそ、そういった情報しか発信しないし、できない。
  でも、自分が誰かに理解されたいという気持ちは消えない。湧き上がってくる。

B:あ~

A:そのジレンマを解消する方法として、人を遠ざけていたのかもしれない。
  他人のいる環境に触れなければ、そんな気持ちに向き合う機会も減るからな。

B:なるほどね。整理するとこんな感じか?
  1)理解されにくい苦しい気持ちを持っている。

  2)それは、二つの相反する気持ち。

  3)一つは理解されたい気持ち、もう一つは決して理解されないであろうという
    お前の作った論理というか決めつけ

  4)理解されないであろうという論理は自己完結している。

  5)理解されたいという気持ちはある。湧き上がってくる。
    理解されないであろうという論理は、他人との接触の機会には追認を求める。

  6)でも、それはまた、自分の理論を補強する心の仕組みによって
    否定される。時には他人に対して理解されないように仕向けてしまう。
    光代の<試し行為>と同じなのかもしてない。
    つまり、他人を遠ざけたり、加害者として扱うのだろうと思う。

  7)そして他人へのそのスタンスにより、それは、いつもの「またか」
    という結果につながる。というか、つなげていく。

A:人は加害者扱いされることとても嫌うらしい。
  だから、人を遠ざけ、理解されないという結果にむずびつけるのは結構、簡単。

B:つまり、人と接触する機会を無くしたり減らすことでこのジレンマから逃げていたんだな。

A:そうかもしれない。 しかし、仕事をすれば人との接触は増える。
  つまり、自分が苦しむことになる。けれども社会復帰しないと生きていけない。

  永遠にこのジレンマからは解放されないと思っている。
  なぜならそういった理解を他人に求めるのは甘えすぎていると思っているからだ。

B:それで光代との接触を続けようとしているわけか。甘えていい唯一の相手として
  考えているわけだ。

A:そうみたいだな。でも、それは難しいようだ。
  彼女が積極的に接触を持ってくれていた時期もあった。けれども、
  そうなったらなったで俺はうれしい反面苦しくなっていた。
  それから逃げるために彼女を傷つける言動ばかりしていた。
  悔やんでも悔やみきれない。半年間をあけたけどダメだった。
  気持ちの整理はできなかった。

B:そうか。そうだったな。

A:今やっと、こうした気持ちに向き合っていられるのは、きっともう
  どうしようもない状態だからだ。いつもそうだった。

B:あらら、またループしそうな勢いだな。それはもういいよ。
  
A:すまない。こうならないようにいつも必死に考えていたんだ。
  そして、何とかしようとあがいていたんだ。けど、結局、みんなぶち壊すことしか
  できない。どうしようもない。どうしたらいいんだ?

B:あ~あ、また、悲劇のヒロインの感情に飲まれちゃったよ。
  とりあえず、やることやれ。やらなくちゃならないことをこなして
  感情に取り込まれないように仕向けろ。でないとやばいぞ。

A:そうするよ。

 

2018年4月13日 (金)

仮題:

A:このところ、エロゲーは封印、アニメも種類を選んで、無駄に夢のある話は避けた。
  あと、寝る前のコーヒーもやめた。これだけでずっと入眠が楽になった。
  そして、このところ7時(実6:45)に起きるようにしているが、自然に起きれるように
  なってきた。

B:おお、いい調子じゃん。

A:といっても、時間の使い方は今一だけどな。

B:それは置いといて、自分で管理できるのはいいことだよ。

A:そう思ってる。薬も正式に無くなったし、これからは
  多少の動悸や目の異常も気のせいとして割り切っていこうと思う。

B:そうだな。

2018年4月12日 (木)

仮題:

A:受診してきた。先生に話したら、薬、STOPになった。

B:失礼な言い方してないよな?

A:う~ん。そのつもりで話してきたけど、どうだろうか。
  気を悪くしてなければいいけど、

B:仕方ないよ。正直に話するしかお前はできないんだから

A:ああ、どうしても嘘はつけない。ヘタだしなぁ

B:というか、嘘じゃなくて言い方を気をつけろよ。

A:ほんとそうだよな。組み立てて話すことができないってのは
  子供だよな。いまだにさ。

B:50過ぎてそれやばいな。

-----------------------------------------------
A:でまぁ、薬の副作用とか反動とかを気にしていたんだけど、
  ここ数日生活を気を付けていたら快調。
  目の圧迫感も薄れてきてるし、動悸も少し軽い感じだ。
  過去のことを思い悩むのも、入口でターンバック出来てる。
  結局、副作用や反動じゃなくて、生活習慣が問題だったみたい。

B:そのことが分かってよかったな。そういうことをズバっと言ってくれる
  先生って本当に助かるよな。

A:うんうん。自分のこだわりが気のせいなのか、それとも
  注視すべきことなのか判断がつかなくなってる今の自分としては
  先生の話ってためになるよ。

B:そうだな。昔は気の迷いとか、腹が減ってたり、寝不足だからって
  全部バッサリ切り捨ててたよな。で、気弱になって、あれこれ考えて
  わけわかんなくなってるって感じだもんな。

A:ああ、これまでなんであんなに天上天下唯我独尊でいられたのか・・・

B:まぁリア充なプロフィールだったからなお前、その後も苦労したけど
  それなりに立場はあった。けど、それらがなくなったら不安になった。
  それだけじゃないのか?

A:かなぁ。だなぁ。そうなんだけど・・・
  そうだなぁ。

B:何もお前は変わってないけど、お前を見る世間の目は変わったよな。

A:世間てのもアバウトすぎて何のことやらわからないけど・・・
  自分で作った人から見られる自分ってイメージのことかな?
  ん?じゃ、自分でそう思ってるだけ?
  いい方帰れば、自分で酔ってるだけ?ってこと?

B:ん~そうなるな。お前は全く変わらんのだろ?

A:うん。変わったといえば・・・ん~何もないな。

B:自分に神経質で、他にはアバウトで、
  嘘がつけなくて、思いやりが下手で、
  直情的で、影響を受けやすくて、
  流されやすくて・・・
  何も変わってないよな。

A:うん。この数日それを実感してるよ。理性的に生きないと
  本当に俺の操縦ってすぐにアンコントロールになる。

B:そうなると、お前に害のあるものは理性的に遠ざけないとな。

A:そうだな。エロゲーとか封印しないといけないかも。
  あれって結構、シナリオがエグイのが多い。暗い気持ちになるものが
  本当に多い。elfなんて、無茶苦茶危ない。
  それに今日日のファンタジー物のアニメとかも結構、無駄に夢があって
  つらいものがある。遠ざけるべきなんだろうな。

B:今のお前には、単純な笑いにつながるもの以外ヤバイのかもな。

A:う~ん。

仮題:

A:昨日までにほとんどのタスクは完了。この土日はゆっくりできそうだ。

B:え?税金とか払ってきたの?

A:いや、それは4月中で十分らしいので、まだいい。

B:そっか、忘れずにな。

A:ああ、Wordも問題ない。後は本当に応用編として、
  実戦的なかだいに取り組まねば。どんなパターンがあるのか
  考えないとな。

B:そっか。で、病気というか、薬の副作用の方はどうだ?

A:目の違和感は大分慣れてきたようだ。動悸もあるにはあるが、
  正常な範囲だと思う。ただ、ストレスレスな生活の上での話だからな。
  なんとも判断しかねる。

B:それで、今日は受診なんだけど、先生になんて言うんだ?

A:それなんだよな。
  今の薬を頓服のように使うのはダメなんだろうか?
  それが気になってる。

B:なるほどな。どちらにせよ。先生には嘘はつけない。言うしかないな。
  お前としては、どうしたいのかはっきりしたんだ。相談してみろ。

A:そうだな。最近、一人で頑張り始めたころの気持ちがうすぼんやりと
  戻ってきているように感じる。自分をちゃんと律しようという気力が少し芽生えたようだ。

B:そうか。

A:ただ、それも一時的な感情なのかもしれない。薄氷を歩いているようなそんな感じだ。

B:まぁ、お前は自分が納得しないと動かない性分だろ。いけるところまで
  慎重頑張ってみろ。ダメでも元に戻るだけだろ?

A:そうだな。妻や過去を思い出さない日はないけど、取り込まれずにやれている。
  たまに引き戻されそうになる気持ちになるけど、何とかなっている。
  まったく、彼女はここにいないというのにな。

B:過去のいい面に光を当てる習慣ってのもしてみたら?トラウマの治療方法だったっけ?

A:それも考えたけど、今は怖くて振り向けないってのが
  正直なところだ。動悸が容易に高まるからな。

B:そっか。

2018年4月11日 (水)

仮題:

A:昨日、スマートフォンのついて店頭で確認してきた。
  問題点は、特になかった。金額的には。全部安くなる。

B:そうか、じゃ迷うことないな。携帯やネットのプロバイダーの
  解約金とかどうなんだ?

A:全部後で払ってくれるらしい。本当にこんな都合のいい話はないって感じだ。
  だからやろうと思う。ただ、一つ心配なのはショートメールが打てるかどうかだ。

B:それは心配だな。そこがダメだったらどうする?

A:悩むな。大丈夫だと思うけどダメだったら、最後のSMSで
  これからは電話しかできない旨を伝えるしかないか。

B:ちなみに体調はどうだ?特に動悸や焦燥感は?

A:そればかり気にしてるから、あるよ。というかそこで実感する。

B:ん~それも困ったものだな。目の調子はどうだ?

A:だいぶ落ち着いてきた。手の震えは、ここ2~3日、文字を書いていないから
  わからないかな。そのためにもそろそろ履歴書でも書こうか

B:ん~いいかもな。他の予定は?

A:一応、今週は、通院だけだよ。就活も来週からだ。でないと
  本命の結果発表が後になってしまうからな。

B:そうだったな。じゃ、Wordとかは大丈夫か?

A:ああ、やってる。今後は、いろんな帳票をネットから見つけて
  wordで作ってみるよ。
  けど、なんだかwordってプロパティが独特なのな。
  要は、デフォルトの書式にのかかって書類を作りたい人用のような
  そんな感触だ。

B:でも、苦手意識はなくなったみたいだな。

A:ああ、あとはどんな帳票も作れればそれでOKだ。

B:ふ~ん、じゃ特になし?

A:そうだな。ない

2018年4月10日 (火)

仮題:

A:今日は、夢は少し見たが、悪い夢ではなかった。やはり、寝る前に見たアニメや
  他の影響はあるようだ。なるだけ、変に夢のある物語は、俺には無用なようだ。

B:で、昨夜は最後に何見たんだ?

A:アホガール・・・おかげで入眠が困難だったけどな。

B:そっか、入眠には蝉の声や川のせせらぎとかじゃないか?
  それに今日もお前、二度寝したな。

A:特に早く起きる必要は本来なかったからな。やること決めといてからじゃないとダメだな。

B:そっか、じゃ決めてから寝るようにしろよ。

A:今日は天気がいい。何かしようって気になってくるよ。
  ちなみに目の焦点が合わないのは今も変わらずだ。
  というか左目だけで見てるって感じかな。

B:ん~異常は、目の焦点と、歯の食いしばりと、手の震えと、
  動悸だったっけ?

A:そうだな。常に出がちなのは今は、目の焦点だけかな。
  あとは、書いた順で出やすさは違う。

B:薬の副作用というなら、歯の食いしばりは薬を飲む前からだし、
  動悸もストレス一杯のころにあったよな。

A:ああ、つまり、薬の副作用としては主に、目ということになるだろうね。

B:これが定型化すると怖いな。それが回復するまでは
  なるだけやめるしかないな。

A:そう思う。でも先生になんて言おうか?

B:そうだな信頼している先生に相談できない形にはしたくはないな。

----------------------------------------------------
B:ちなみに直近でしなくてはならないことはなんだ?

A:そうだな。就活関係では、
  本命のところには一度、通勤経路を実際に使ってみる事と
  Wordのおさらい、応用編をマスターすることかな。

B:それは20日~26日まででいいんだな?

A:そうだ。けどWordに関しては毎日やらないとな。結構、忘れてるみたいだ。

B:ふむ。あとは?A:履歴書を作っておくくらい?どっちにせよ今週中は
  必要なしか。応募できないもんな。

A:そうだな。いま応募してしまうと本命の結果前に面接が入ってしまう。
  少なくとも、今週中は活動なしだ。

B:じゃ、他には?

A:年金とか支払いかな。まぁ月末まででいいんだけど。
  あと、携帯台が謎の金額なんだが・・・調べてみるか・・・
  場合によっては、スマホへの変更も必要かな?

B:そうだな。lineを使えないとダメなコミュニティもあるみたいだし。

A:そっか、ショートメールさえあればいいかと思ってたけど、そうか。
  世界を広げる必要もあるかな。

B:新しいことに最近チャレンジしてないよな。

A:ああ、なんだかそういったものって結局、通信費のアップにつながってしまいそうで

B:じゃぁ、確認のためにも聞きに行って来いよ。

A:そうするか。じゃ今のドコモのプランを再確認だな

2018年4月 9日 (月)

仮題:

A:今日は、久しぶりに友人SMから昼食に誘われて出かけてきた。

B:ふんふん。

A:で、促されるままに近況報告やら、日々思っている事をだらだらと
  しゃべってきた。で、そこで少し考えがまとまったように思うんで
  ここで整理しとくね。

B:そっか、

A:最近、就活で根を詰めた結果、夜の飲む薬を飲み忘れることが多かった。
  そうしたら悪夢が再開し始めた。

B:うんうん。

A:これはとても危険な兆候で、悪夢は日中も自分を支配するんだ。
  ずっと暗い気持ちから抜け出れない。
  その内に呼吸が浅くなり、気づけば胸が苦しくなるようになる。
  
B:それを避けるための夜の薬だったんだろうな。

A:でも、薬は抑えるだけのものだよな?ちょっと飲み忘れただけで
  ぶり返しがひどい。指は震えるし目の焦点が合わないし動悸もするようになった。


2018年4月 8日 (日)

仮題:

A:今のところ、平日のタスクは、求職活動と受診だけだ。
  ただ、求職応募して待つまでの間、やることは、会社の場所を確認しておくことかな。
  あと、そこまでの経路が俺の場合、問題だ。

B:なんでだよ。

A:駅まで遠い。それにバス路線がない。

B:ほんと無いのか?

A:あるにはあるが、ずいぶんと離れたところにしかない。
  確認したいんだが、ネットで調べるとえらく時間のいかかる上、
  選択肢が多い。

B:選べるのは良いことじゃないのか?

A:ん~、例えば、比較的近くのバスでは最寄りの駅まで1時間もかかる。
  まぁ、全部検索できていないとは思う。もう一度調べてみるよ。

---------------------------------------------------

A:調べたら使えるバス路線は一か所だけだった。よって、経路は限定されたよ。
  でもまぁ、これで名古屋方面の就職も可能になったようだ。

B:しっかり見るとそんなもんだろ?

A:いやぁ、就職先も同様で、たくさんあるように見えても、
  実際には少ないものだった。
  金額はともかく、土日休みにすると極端に減ってしまう。

B:なんで土日休みなんだ?

A:土日休みでない仕事先には、これまでろくなところがなかったからね。

B:いや、限らないだろ?実質。

A:ん~実はそうなんだけどさ。シフト制のところって、人間関係ぎすぎすしてそうじゃん。

B:そうか?定休日があるところだったら大丈夫じゃないのか?
  要は、社員同士のコミュニケーションが足らないとダメだっていうんだろ?

A:まぁそうだ。けど、確かに・・・なんでそんなことにこだわってるんだろうか?

B:ん~他にこだわった方がいいことあるんじゃないか?
  賃金とかさ?最低いくら欲しいんだ?

A:年間300万は無理かな?あれば欲しい

B:なんでだ?

A:あ~250万では生きていけても貯金ができない。

B:貯金の理由は?

A:60歳から65歳までの生活費かな

B:ん~1年250万必要ってこったな。となると5年で1250万か・・・
  年間100万貯めたとして、あと9年で900万しかないぞ?

A:今の貯金額からして、ぎりぎりの線だな。

B:となると300万は月給換算すると・・・
  300/12か・・・25万??だめじゃん、無理だよ。そんな求人ないよ!

A:だよなぁ。となると最低限20万は必要になる。それで年間240万だ。

2018年4月 4日 (水)

仮題:

A:どういう訳か、最近、焦燥感が酷い。まぁ、根本的には、慣れているから
  対処可能だけど、何でこんな風になるのかな?

B:そりゃお前、最近薬飲んでないだろ。

A:あっ、それか!いろいろ忙しくて忘れるんだよな。
  で、ついでに飲まないとどうなるのか調べようと思ってたんだった。
  それこそ忘れてたよ。ほんと余裕があるとぼんやりするよな、おれは。

B:って事は、飲まないと焦燥感が発生するって事だな。
  他の影響は?

A:ん~。最近読んだ本?
  ないな。
  最近見たアニメ?
  ゆるキャン△・・・
  最近やった事
  ツーリング
  ん~何か、影響あるかな?

B:ゲームとかは?

A:あ~、あったな。えっとタイトルは、なんだっけ
  [あかべぇそふとつぅ] 母性カノジョ -子宮 帰還編-

  あ~、主人公がメンタルを壊して鬱になってしまうのを
  ヒロインが助けるってシナリオのゲームだった。
  BADENDは、鬱になって彼女に養われるって結果だった。

B:お前、そのままBADENDになってそうだな。

A:ん~、その通りだよ。
  それにしても主人公、最初からH/Pが低すぎだろアレは。

B:まぁ、若いのになぁ、設定では。元気なさすぎだよな。
  でもまぁ、女神みたいな彼女が居てよかったじゃない。

A:ん~現実では、居ないからな女神はw

B:いてもお前ならは拒絶しそう。

A:あ~、それあるある。そこはよく分かってるよ。
  そうしてきたからなぁ。子供のころから変わらないな。
  いっつも後で気が付くんだよな。なんでだろ?

B:いつもそうなるって事は、お前の判断はぶれてないって事じゃん。

A:自分なりにソレが正しいと思っての判断って事か・・・

B:お前の頭の作るシナリオパターンからすると、
  女神はわき役なんだろうな。

A:ん~なんでそうなってるんだろうな~

B:そりゃ、理由があるんだろうよ。これだけぶれてないとこ見るとさ。

A:理由ねぇ~、あるのかな?あるとすれば・・・

  このあたりも、自分の分析で注視してみるとするか、
  これ以上、折角手を差し伸べてくれる人間を傷つけたくはないからなぁ。

B:そういえば、お前、昔作ったシナリオゲーであったな、そういうの。

A:そうなんだよなぁ、そんなのばっかで、夢に見る程後悔してたんだよな。
  でも、何でだろう。繰り返してしまってるなぁ。

B:ん~、シナリオゲーの最初のヤツは保育園時代だよな?
  かなり根深いなw

A:どうしてだろうなw、そういえば彼女が出来た時だったっな
  夢でその子に謝ったのって。
  幸せになると、そこに後悔が生まれるけど、そうじゃないと
  はねつけるんだな、俺は。

B:ん~、何かそこから分かる事もあるかもしれないな。
  まぁ、人と接触する事は今はあまりないから、今の内に
  そこんとこ整理してみれば?

A:まぁ、そうだな~考えれば、関わった人間には本当に申し訳ない。

B:ほんとだよ。でもきっとこれからも同じことするぞ?お前はさ。
  ちゃんと分析しとけよ。何でもやるだけやってみるってのがお前のスタンスだろ。

A:そうだな。そういえば、ツーリング中にいろいろ分析のネタ思いついたんだった。
  どうせだからそっちも一緒に分析してみるよ。

B:後、Wordの追認もしとけよ。アレはほとんど実務じゃ使ってないんだからさ。

A:そうだな。忘れてそう。というか現場ではだれも使ってなかったんだけどなw

B:そうなんだよなぁ、どうしてあんな使いにくいもの使うんだろうな?

A:ん~書式が固まってる業務なら使えるって言えば使えるけど・・・
  それを言ったらP/Pも同じだしなぁ~Wordを使う理由が分からない・・・

B:まぁ、それを探る為にも、もう一度一から勉強してみろよ。

A:ん~分かった。
  今は、就活がメインだから、そっちをしつつ、Wordしつつ、分析しつつ・・・
  思いの他、忙しいな。

B:まぁ、お前はそれくらいの方が良いんだよ。どれかでいきづまっても、
  複数の目的を上手く切り替えてこなしていけば、全部こなせるぞ?

A:そうだな。それも自分の性質の分析で分かった事だよな。
  フィードバックして、上手く自分を操縦するようにしなきゃな。

B:そうそう、フィードバック大事だぞ。
  生活に取り入れてこその分析だ。

A:じゃ、進めるよ。

B:うい。

2018年3月29日 (木)

仮題:

A:いやー、就活全滅だったよ。

B:手帳の力ではダメなのかな?

A:かもな。しっかし、何とかならないかなぁ。

B:拾ってくれるところを片っ端から当たるしかないだろ?
  そもそも、手帳の力でってのは、面接に到達できなきゃ意味が無いからなぁ。
  ソコからでしょ。今は、活動して、空いた時間は、好きな事してろよ。

A:そうだな。

2018年3月25日 (日)

仮題:

A:鼻炎が酷い。くしゃみとか連発する。一応、服用する薬ものどの炎症を抑えるスプレーも
  手元にあるので手は打てるけど、効果のほどは低い。ティッシュが欠かせない。

B:?アレルギーの元は分かってるんだろ?

A:ああ、乳製品と今の季節の野菜のアクだ。けれども野菜が旨い。つい食べてしまう。

B:旨いよな~セロリとか

A:そうなんだよ!

2018年3月21日 (水)

仮題:

A:今はようやく手帳も手に入れ、やるべきことがある。そして、余裕もある。
  だから、比較的安定しているのかな。

B:かもな。

A:一体、今まで何をしていたんだろうか?というか、何で苦しい悲しい気持ちに
  憑りつかれていたんだろうか?って思っちまう。
  いや、思う。

B:ん?

A:前にもこんなことを書いた覚えがあるけど、あの時はどうしてそう思ったんだろうか?
  「女の職場が合わないのなら、ガテン系の仕事をすればいいじゃないか?」
  そう思ったら気が楽になった。逆に何故、それをしないのかふと疑問に思った時だったか

B:だったかな?

A:今でも、自分に出来る仕事って何だろうって思おうと、結局、
  今までいろんな仕事をしてきて、なんでもできる自信はあるけれど、
  大成したのはIT系の仕事だったことを思い出して、やっぱりIT系に行きたいと
  思ったんだっけ?

B:ゆっくり考えなよ。時間はある。

A:昨日、<うつという病気になりたい病>だったかな?
  そんな本を読んだんだ。

B:要はどんな話なんだ?

A:簡単に3つかな。一つ目は、もともと鬱と言われる病気ってのは、
  診断されて初めて発見されるようなスタンスの病気らしい。
  つまり、「私は鬱ではないでしょうか?」と尋ねた時点ですでに鬱ではないという事だ。
  これだけ情報のあふれた時代に、おかしな話だけど自分が鬱かもしれないと
  聞いた時点で鬱では無いらしい。
  もともとの鬱というのもは、隠すという論拠に基づいている。
  症状として鬱症状があり、本人の状態が底まで落ちていないといけないらしい。

B:ほ~ん。じゃ、鬱になりかけて気づいたらもうそれは鬱じゃないと・・・

A:そういう扱いにした方が便利らしい。

B:状態変化に対して全くステレオタイプな判断方法だな。
  例えば、治りかけとか、懸かりかけでは、その時点で診察を受けると
  本物の鬱への道は閉ざされるわけだ。

A:保護者とか、夫に連れてこられる人限定の病気って事だな。で、
  他に分類がしっかりしない鬱が数タイプあるって話だった。
  例えば、仮面鬱=明るい素振りだが実は鬱
  例えば、成長しない人の鬱=要は人のせいにする事で怒ったり意気消沈している人
  例えば、計算高い鬱=客観性を欠いた損得勘定で被害者意識が高まった人

B:どれも鬱とは診断されないんだな。で、されないとどうなるんだ?

A:されてもされなくても薬はほぼ一緒、まぁ、多少違うかな。
   でもさ、鬱じゃないって事は向精神薬は出ないってことだな。
  
B:まぁそういつは常習性が出るらしいから・・・ハイになっておかしな事
  言い始めるってのも嫌だろ?

A:今のままでも十分そうだからな。でも、たまには落ち込みを救い上げる薬が
  欲しくなるときもあったよ。けどまぁ、危機は脱したかな。

B:そっか。

A:まぁつまり俺は上記のうちのどれかってことらしい。
  3番目っぽいけどな。複合タイプかもな。

B:まぁそりゃ状況次第だろ?見通しが明るくなれば変わるさ。

A:だな。

2018年3月20日 (火)

仮題:

A:今日は月曜日だ。気を取り直して就職活動を再開した。

B:ハロワにはいい情報はあったか?

2018年3月19日 (月)

仮題:

A:金曜日、役所で国民健康保険の控除の件での発言は、それはそれで自分で
  ショックだった。主張が通らない、受け入れられないという事は、私は、
  無理なことを言ったんだろうか。と、

B:受け入れられなかった落胆と自分がクレーマーだったんじゃないか、つまり、
  病的な反射行動をしたんじゃないかというショックを引きずってるんだな。

A:ああ、やっぱり引きどころが判らない。コレが病気なんだろうか?

B:お前、それでどうすんだよ。

A:結局、市長への問題提起の用紙を貰って帰ってきた。
  出す気も起こらない。ここであきらめるのが妥当なんだろうな。
  役所は県にまで確認を取ったということだった。本当かどうかは判らないが・・・

B:じゃ、もうそのことはあきらめたらどうだ?
  どうせお前の主張による損得なんかあまり興味ないだろ?
  ソレよりも、自分の置かれた状態を理解して欲しかっただけだろ?

A:確かに、それでどれだけ控除されるかという事よりも、仕組みのおかしさを
  追求したい気持ちのほうが大きかった。相手は、それに関しては国保課は、
  そもそも適法する人間とは、リーマンショックで雇い止めなどになっている人間を
  対象にしている制度だって説明してきた。つまり、過去の遺物だと。ソレもどうかと思うけど
  理屈的には成り立ってるって訳だ。それから、相談した生活困窮課の人は、
  私の話は「もらえるものは何でも貰おうとする(強欲)姿勢に見える」とまで・・・

B:ソイツは、ソイツの感想を述べただけだ。そして君の姿勢には
  同情は出来ない。といっているだけだな。

A:一番こたえたよ。

B:まぁ気にするな。つまり、お前の病気ってのは、歯止めが利かないことと、
  それで気力を失ってしまうと点にある。って事だろ?

A:まぁそうなるな。

B:じゃ、いつ前でも引きずらなきゃいいじゃないか?それで他に向けて
  歩を進めればそれで解決じゃね?

A:そうだな。気力がそがれた。何もする気にならないってのが一番の問題だな。

B:ココで「じゃ次行こう」って気力が湧くかどうかが"しなやかさ"だろ?

A:そっか、そうだな。

B:お前は、境界線の上にいるんだよ。
  ちゃんと感情的にならずに対応は出来る。逃げ出す事は無かった。
  泣く事も無かった。普通に対応できたんだよ。
  相手を攻めることも無かったろ?

A:ああ、

B:じゃぁいいじゃないか。出来たんだよ。及第点すれすれだけどな。

A:じゃ、ベストってなんだろうな?どんな風に動けばよかったんだ?

B:高圧的ではなく、協力を仰ぐ姿勢があれば、生活困窮課の人間に
  あんな事は言われなかったんだろうな。

A:なるほどな。そうすれば、余計なショックも受けなかったと・・・
  考えると、俺の会話は途中からその路線に誘導するかのような
  会話だったのかもしれない。そうか、そういうことか。

B:どこが悪い。では無くて、お前は「同情」が欲しいんだよ。
  「大変だったね」「頑張ったね」って言って欲しいだけなんだよ。
  だからそれ以外の言葉は全部、受け付けないんだ。
  甘えてんだよ。

A:そうか、飼い猫が捨てられた状態って事だな。前に言ってた。

B:そうだな。他人には、それは関係が無いことなんだよ。
  お前は泣きの禊が不足してるんじゃないのか?

A:つまり、自分の惨めな状況を同情してもらうっていう部分を
  終わらせてないって事か。

B:お前自分で言ってたじゃないか?世間的には、わかってもらえない
  プロフィールしか無いって。でも、自分が自分をまだ否定してるんだろ
  自分で「これでいいんだ」って気持ちが無いから誰かに
  「頑張ったね」って言ってもらいたいんだろ。

A:日本人はソレが無いと難しい。

B:大方の日本人とは既に人生の軌跡が違うんだからあきらめろ。
  開き直らないと仕方にないぞ?

A:だな。就職戦線に復帰するよ。

B:そうだ。今回はギリギリちゃんとできたんだ。
  もう少し小ずるく生きる術を選択しろよ。ソレがお前の生き方だ。
  過去を手放さず、生きるんだろ。

A:そうだ。頑張るよ。絶望せずにな。

2018年3月17日 (土)

仮題:

A:今日は和良にバイクで行ってきた。10:30~17:00 150kmくらいか

B:楽しかったか?

A:いんや、基本的に時間つぶしだ。まぁバイクに慣れておこうと思って行ったんだけど、
  アノ道って、相性がよかったからさ。でも今回、腰が引けてた。バイクにはじめて乗った
  頃のことを思い出したよ。下りのコーナーでアクセル戻してアンダーステアになって
  膨らんでしまう恐怖を味わった。何でだろ?

B:最近、筋トレサボってたからじゃない?

A:いやいや

B:じゃぼんやりしてたから?攻めずにダラダラ走ったからだろ?

A:そうなるかな。気温は16度もあった。山の中でも11度.

B:で?何が言いたいの?

A:今日はもう寝る。

2018年3月16日 (金)

仮題:

A:先生はズバリ「まだ危ういように見える」と言っていたけど、
  今日は、ソレを体感した想いだよ。・・・

B:国保の減免に対しての申請が却下された件?

A:ああ、等々生活困窮課に相談する事にした。福祉課では的外れなアドバイスしか
  もらえなかったからだけど、今考えると、当時も今回も役所の相談を
  当てにしすぎていたからこうなっただけで・・・

  つまり、クビとアスペの診断にショックを受けて冷静に
  対処出来なかった自分がバカだっただけなのにな・・・

B:それにしても、申請制と細分化され過ぎて機能していないな、役所は。

A:いや、でもさ。ソレは一般の会社だって同じ事だよ。
  役所だけじゃない。世間というのは自分がしっかりしないとダメなんだよ。

B:そうだな。仕方ないな。まぁ、でもさ、いいじゃない。今はまだ借金せずに
  生きていられるんだからさ。

A:まぁな。でも、本当は元妻に全部渡すつもりだったお金を除いたら、
  あと50あるかないか  って処だぞ?本当に困窮してからじゃ遅いんだよな。
  こんなに頑張って、それでもダメだったから、何度も頑張ってダメだったから、
  今の事態になってるのに・・・
  これ以上どうしろっていうんだよ。
  いや、ただの愚痴になっちゃうな。

B:まぁ、愚痴が出る内は大丈夫だろ?ソレよりもさ、今日見た夢、
  親父が生きてて、母親に相談してたよな?お前さ。
  時系列的におかしな状態だったけど、なんか相談してたな。

A:本当のところ、今すぐにでも今回の問題を先生に相談したいよ。
  役所への異議申し立てが病的な発露なのか、それとも正常な姿勢なのか
  俺には判らないんだ。担当者は、役所の問題点を理解しているとは言うが、
  結局、俺が「もらえるものは全部貰っておこうという姿勢に見える」って言うんだよな。
  単に、余計に渡したものを返して欲しいし、減免制度があるなら受けたいと
  言っているだけなのにな。

A:ちなみに、さっきの母親に相談してたのは何でだったんだろう?
  胸が苦しくって辛いって感じの話だった。実際は、単に変な姿勢でコタツで寝てて
  胸を圧迫してたのが引き金だったみたいだけど、何で兄貴や母親が出てきたんだろ?
  役所の相談に際に、頼れる人間が居ないって話をしたからかな?
  今の俺には相談出来る人が居ないって事を思い出したからか?

B:自分で拒否したんじゃないか。相談出来る人が居ないって・・・
  コレまでは友人SMにしてこれたけど、いやコレ、どうしたものかね。

A:友人SMの家庭が心配だったんだ。仕方ないよ。

B:じゃぁ、ちゃんとしろよ。お前のその対応って、光代の試し行為とそう違わないぞ?

A:ソコまで酷いか?いつまでたっても信用出来ないって試されるのがどんなに辛いか!
  俺はそんなことはしていないぞ?

B:相手の立場に立って考えてみろよ?
  おまえの相談に乗るのは自分で判断して相談に乗ってるんだよ。
  家庭へかける時間とおまえにかける時間を天秤にかけてな。
  それでちゃんと考えて、お前を心配して会ってたんだ。
  ソレなのにソレを拒否したんだぞ?
  そりゃ「なら、もういいか」になるだろ?

A:そりゃそうだけし、それでいいんだけど、傷つけたのかな?

B:かもな。

A:そっか、コレがアスペの症状なのか。
  そもそも、もう少し心に余裕があったんだけどな。
  余裕がなくなったらアスペって言われるようになるんだな。

B:お前、捨て猫みたいだな。決して懐かない。甘えて育ったから
  甘えたいのに、怖くて近寄れない。でも、寂しい。
  かわいげのないブスネコみたいだぞ?

A:そうかもな。

2018年3月14日 (水)

仮題:

A:先生にアドバイス貰って、エアポートのモールにこのところ通っていた。
  今日はF-35Aの離発着が見れたので大変満足である。

B:そっか。

A:後、XSのFブレーキーランプのセンサーというか、スイッチに
  導通不良があることが判った。LEDの装着をしていたら気が付いた。

B:そうか。

A:あ~、このところPCのデータ整理をしていた。データをためるばかりで
  中身を全く見ていないことにびっくりした。もう1年分は確実に見ていなかったようだ。

B:そっか。

A:あと、最近ワインを飲むようになった。トマトジュースと割るととても美味い。
  ほろ酔いも出来る。一日一杯だけだけどな。

B:なる。

A:昨日は、モールのレストランでサラダバーを食い尽くしてきた。意外に食べれない。
  毎日の食事量が少ないから胃が小さくなってるのかな?

B:かもな。三食しっかり食べてるのにな。

A:昔に比べれば減ったからな。それに働いていないからか、たいして食べる気にならない。

B:それでも食べないと気力も出ないぞ?

A:そう思って食べてる。特に生野菜が大事だと思ってる。
  最近、ミネラルが足りていないと思ったんで、昨日もサラダバーのある食べ放題を
  選んだんだ。

B:そっか。

A:なんだか素っ気無いね。

B:無目的にただ待つのも飽きてきただろ?

A:そうだな。といってもやる事は細々あるにはあるんだ。
  モール通いもその一つ。明日は、もう14日か、あと一週間くらいは空きだな。

B:

2018年3月 9日 (金)

仮題:

A:ひさびさに辺りのゲームに遭ったよ。
  「ニルハナ」

B:まるでお前みたいな主人公だったな、違うのは魔法が関与しているくらいか。

A:ああ、ライトノベルの特徴だな。それに若いな。肝心のキーはすぐにセックスだ。

B:まぁ、お前もそれに幻想を抱いていたんだろ。少し前までは。

A:ああ、取り戻せると思ってた頃も在った。結局、無駄だったけどね。
  彼女が残してきた日記には「いやだ」と書いてあった。

  ソノ真意は判らない。それほど嫌悪する事に何故、以前は身を任せたんだろうなって
  思うよ。

B:ソノ経験から、セックスに関して嫌悪を募らせていたんじゃないのか。わからんけど。

A:なんにせよ。過去の事は判らない。せめて言葉で語ってくれていたらと思う、
   まぁソレすら、彼女の事だ、真意を言ってくれているのか、
   よく輪kらにけどな。
A;最近当たり前のことに気が付いた、いや、今までだって何度も気が付いていた。
  私は、手放せないんだな。いつまでも、前の失恋も今回の離婚もすべて。
  だから前に進めなかった。進みたくなかったんだと気が付いた、
  だからこの自由な生活にも満足で出来ないんだろうな。
  まぁ、それでも進める事は進めているけど、
  ガテン系の仕事に入ればすぐに解決しそうなものを。。。

2018年3月 5日 (月)

仮題:

A:離婚当時の日記を整理していた。当時の俺はかなり無理して頑張っていたみたいだ。
  怒りっぽくなっている自分に戸惑っていた。それから、
  自殺未遂した妻が意識を取り戻した後の言葉に打ちのめされていた。

B:ソノ割りにソノ後も頑張ってたじゃないか。

A:自分を振り返ってみるとズタボロだった事に気が付いて、
  ソノ上で死力を振り絞って新しくやり直そうとしていたみたいだ。

B:まぁ、その後に既に手遅れだって思い知るんだよな。

A:まぁ、物語には、本当は、その後ってやつがある。
  ソレを思い知ったよ。本当にぎりぎりまで頑張ってたんだな。
  ぼろぼろ過ぎてどうにもならないって事態に直面しちまって折れていく過程が見える。
  最後の最後で自分を守っていなかったら・・・以前の俺のままだったら

  28の頃の俺のままだったら、人生を悲観して、どこか人の居ないところで、
  車の中で凍死して発見されるって形だったろうと思う。

B:そうだな。ソレしか選択肢考えられないな。
  すべてのものを処分して、もう居なくなっちまった昔の奥さんの写真抱いて
  冷たくなってたろうな。

A:ソレを思うと、自分を守った上で、最後のデートまで出来た俺って成長してるよな。

B:そうだな。ってw 狡猾になっただけだろ。

A:それにしてもほんと間抜けだな。そんな選択しか出来ないなんてな。

B:世の中にはどうしようもない事があるってこった。
  誰が100%悪いわけでも、良いわけでもない。
  でもさ、日記読み返して見ると、アノ状態で、よくアノ選択が出来たなって思うよ。

A:ほんと、でもさ。ソレを一度乗り越えたんだよな。以前はさ。捨て身の覚悟でさ。
  でも、二度目は、もう無理と判断したみたいだ。

B:アニメやファンタジーの物語みたいに幕が下りればいいのにな。
  ソレが無い事を教わったんだよ。多分、映画で言えば意識を取り戻した時点で
  笑顔で手を握り返して終わりが一般大衆向け。
  悲しいけどハッピーエンドで終わるって感じなんだろうな。

A:まぁ、ディレクターズカットってヤツが現実って事だよな。
  一般受けするハッピーエンドじゃなくてさ、現実的で、残酷な終わりが見えちまった。
  今読み返しても、アノ状態で続けていてもハッピーエンドは見えてこない。
  俺がどんどん病んでいくのが判る。それで共依存の割合というか
  こっち側が、病人に依存するようになる。
  今もあんまり変わらないかもしれないけど・・・

B:一応、離れているから大丈夫だろ?

仮題:過去のPCに残ってた日記データ

無くなると面倒なので残しておく「nikki201403-201507.rar」をダウンロード
と、「nikki_20121220-20171208.rar」をダウンロード

2018年3月 4日 (日)

仮題:

A:今日は海を見に行ってきた。といっても海に居たのはほんの5分程度だったけどな。
  3時には日がかげる。布団を干しておいたから急いで帰ったよ。

B:じゃ、海は堪能できなかったんじゃないのか?

A:そうだな。ダメだな。
  明日、もう一度行こうかな?

B:天気が良いといいな。

A:ああ、調べてみる。降水確率10%最高の日和らしい。朝五時から出かけるか

B:お前、今もう2時だぞ?起きれるのか?薬も飲んでるだろ?

A:ああ、大丈夫だ。一旦寝るが、一休みしたら風呂に入って出かけようと思う。

B:何時に?

A:7時には出たいな。出来れば、親父に線香でもあげてきたい。

-------------------------------------------------------
A:今日は曇りだっよ。・・・とほほ

B:まぁ、そういう日もあるさ。

A:少し、走りに行ってこよう。昼飯もかねて~

-------------------------------------------------------
A:で、少し曇りだったけど、R19を高山方面に走った。が、バイクのサイドエンブレム
  落としちゃったよ。ウィンドプロテクション効果を確かめたくて飛ばしたからな。
  とほほだよ。
  タンクの塗装は一応大丈夫みたいだった。天気も昼から良くなったし。

B:少しは気も晴れたか。
 
A:まぁね。何か完成すると、何か壊れる。いつもの事だからな。

B:きっとお前の隙間は、一杯なんだろうな。

A:もう少し、何か捨てないとダメなのかな?

B:wかもな。

A:それにしてもクラッチのすべりが酷い事に気が付いた。

B:相当減ってるだろうからな。一時期、ウイリーとかしてただろ、
  アレでかなり磨り減ってるはずだぞ?

A:だよなぁ、その他の可能性としてはバネもへたってると思う。
  ハウジングはともかく、フリクションプレートとクラッチシューは
  ダメだろうな。部品あるかな?

B:調べてみたら?望みは薄いけどさ。それに交換にはガスケット居るだろ
  多分無いぞ?

A:となると・・・あきらめたほうが無難だな。

B:調べるまでも無いかもな。

A:まぁ、在ったら、ドレンボルトの修理と一緒にするといいんじゃないのか?

B:そうだな。まぁ気の長い話だ。

---------------------------------------------------
A:10月に引っ越していったカウンセラーさんのブログと見てみた。
  結構ガンバってるみたいだったんで書き込みしようと思ったけど、
  登録が必要みたいなんで止めた。それに
  俺からは特に良い励ましのお便りを書けそうにない。
  今度、また機会を見て書いてみようと思う。

B:ん~まだ休み足りないか?

A:そんな事は無いと思う。けど、なんだろうな?
  障害がないとやる気が起きない。いや、単に
  なんだかやっぱり疲れてる。

B:へたってるなぁ。もう十分充電できたんじゃないのか?

A:ソノつもりなんだけどな。

2018年3月 2日 (金)

仮題:

A:今日は、再塗装したタンクを漸く装着、燃料も補充した。あと数日放置して、
  クリア塗装が硬化完了したら、エンブレム装着。そしたら一応は、
  XSの修理は終了だ。 

B:で、就職活動の方は?
  
A:ダメだって今日、電話が在ったよ。それでハローワークに行って来たよ。
  ソレで結論として、手帳が発行されるまでに仕事探しと、履歴書作成、職務経歴に
  自分のプロフィール追加をする事になった。
  つまり、手帳発行"見込み"では採用されない公算が高いという事だ。

B:成る程な、確かに確実な採用を確保しようとする人事の人間は
  不確定要素は避けるというのだな。

A:そうだ。だからソレまでの間に、やれる事はやっておこうという事だ。
  期限は手帳が発行されるのは多分、二週間以内。
  12月21日に申請、3ヶ月で発行と言っていたが、ソレは絶対的な期日、
  実際は、ソノ前に発行される。よって4月10日よりも前に発行される。
  となると、最速で3月中旬、つまり21日以降ということになる。つまりソレまでの間に
  履歴書3枚以上は必要になる。
  でも、結局、4月からの仕事には間に合わないかもしれない。
  採用は、イレギュラーを期待する形になる。

B:なんで?

A:通常、採用結果反映までには、応募から一週間掛かる。となれば、手帳発行されて
  すぐに応募しても、結果反映は4月直前になる。となれば、あまりにも時間が無い。
  制服やロッカーの準備から、役所関係の書類準備も考えると通常ありえない。

B:ってことは、キャンセル待ちみたいなものだな。可能性は少ない。

A:けれども、今は、出来る事をするだけだ。種をまかなければ芽は出ないからな。
  今までだって、いつもそうやってチャンスをモノにしてきた。

B:成る程な。お前、逆境になると燃えるタイプだからなぁ。けどさ、
  精神状態というか社会不適合の認知を改善する部分はどうなんだ?
  ちゃんと進んでるのか?

A:そうだな。ソレも進めないと結局、就職してもすぐに逆戻りになる。
  となれば意味のないことになってしまう。
  焦点は、自分の論理ルーチンや問題解決アルゴリズムが
  客観性を欠いている部分にあると思っている。

B:またカタカナ使う~~

A:あ~、簡単に言うと、思い込みの精査。つまり、現実を見直して
  自分が思い込んでる理屈の間違っている(社会性を欠いている)部分を
  見えるようにする。
  
B:お前がか?

A:誰がするんだよ?

B:いや、だってお前がお前を精査って、比較対照でもあるのか?
  ソレでもなきゃ、新しい幻想を作り上げるだけじゃないのか?
  別の視点とかさ。

A:先生がかなりソノ部分を果たしてくれた。ココからは自分でやらないとな。
  何せ、自分のことを一番知っているのは自分だからな。

B:でもさ、自分のことだからひいきして見ちゃうだろ?
  というか、お前の色眼鏡で見てる分には現実は見えてこないだろ?

A:ん~だからヨッシーさんが教えてくれた自分年表とか
  いろんな角度から事実だけを書き出して・・・
  ん~ダメっぽいな。・・・

B:だろ?

A:じゃぁどうしたら社会適合して生きていけるんだ?

B:お前さ、前に「人は自分が悪者に成る論理では生きていない」って言ってたよな?

A:ああ。

B:だとすると、お前が悪者にならないって考えが通用していないって事だろ?

A:まぁそうだな。俺は妻を熟年離婚して捨てた悪者らしいし、
  仕事を点々とするいい加減な人間らしい。

B:だったら、ソレがお前だって事を腹に落とす事が必要じゃないのか?

A:ん?どういうことだ?「私はしょせんは悪者です」って流布しろってことか?

B:違うよwソノ逆だよ。

A:?

B:嘘も方便って先生言ってただろ?話しすぎるんだよな?お前の症状はさ?
  人に理解して欲しくて仕方が無い。つまり承認して欲しくて仕方が無い。

A:ああ、自分の弁護を出来るのは自分だけだからな。

B:ソレをしてどうなった?

A:ソノ部分に関しては、半々かな?理解されたのは。

B:ソノ認識が間違ってないか?

A:誰もお前の贖罪なんて気にしちゃいない。お前が負い目を持っているかどうか
  くらいしか感心がないと思うぞ?つまりお前の弱点だな。

B:ソレ、先生が言ってたことと符合するな。
  「自分のことを話しすぎると人間関係では下位に位置づけられる」って言ってた。
  つまり、自分は世間では悪者のプロフィールしかないんだよ。
  簡単な説明ではな。だから、はなっから言わないほうがいいんだよ。

A:でもさ、それって嘘をつくってことじゃ・・・前にそんな話したよな。

B:そう、お前は承認されたがっている。だから認めてくれる人間が欲しいばっかりなんだ。
  それで自分の事情を押し売りして理解者を作ろうとしている。
  けど、ソレって、自分の対人間関係での位置を自分から低めているんだよ。
  なのに、そう扱うと「理不尽だ」と反発する。
  相手の関心は、同情から敵視に変わる。「生意気だ」と成るわけだ。

A:なるほどな。・・・じゃぁどうしたら

B:キャラを売ればいいんじゃないか?嘘ぎりぎりのラインでさ。
  それで平然としてれば。

A:いや、それはしてみたよ。けど、
  あっ、そうか、それは成功していたのか・・・

B:だんだん見えてきたな。そう、お前が失敗したのは、自分の内情をしゃべりすぎる事と
  おまえ自身が簡単に「理不尽だ」と逆上する事にある。
  つまり、最終的には軽くいなせないことにあるんじゃないのか?

A:ん~そういえばそうだ。確かに・・・

B:お前が自分を低めていない状態もあった。人間嫌いが少し和らいだ頃だ。
  あまり自分の事をしゃべらないで居られた頃、
  お前はちょっとした事で"理不尽"だと反発する性質があったよな。

A:あまりに子供じみたいじめや言動に酷く傷ついていたと思う。
  あんまりじゃないか!って簡単に打ちのめされていた。

B:しなやかさ。ん~英語でなんとかって書いてあったよな。アドラーの本に。

A:あ~なんか在ったな。レジリエンスだっけ?ソレが足りないってのは判るよ。

B:で、ソレはどうやって養うんだ?

A:ソレは俺の質問だよ。

B:じゃ、逆に聞くが、何で瞬間湯沸かし器になるんだ?

A:間違いは前提の段階で訂正しないとおかしな方向に話が進むからだよ。

B:なるほどな。確かに前提が狂ってた場合、後工程が正しければ正しいほど
  間違った結論になるな。でもさ、まずはソレを認めて見えるようにして、
  相手の気持ちを(論理は一意見として)認めて、その上で説得するってのが
  お前のスタンスじゃなかったっけ?
  トラ窓してたときはちゃんと出来てたろ?

A:そうだけど、世の中、それじゃ押し切られちゃう事が多いじゃないか。
  やったもの勝ちな感じじゃないか。現に、俺は冤罪を押し付けられたり、
  嘘の報告書とかでクビになった事は2~3回あるぞ。

B:でも、成功もしたろ?トラ窓で成功したのはちゃんと出来てたときだ。

A:でも、冤罪はどうなんだよ。ちゃんと釈明しなかった為に
  生活が脅かされたんだぞ?

B:でもそれってさ、釈明したら回避できたのかな?

A:最初の建築関係のアレは無駄だったと思う。
  二件目のア社での件は、既に積んでいた。というか、釈明も何も
  完全に策略がかってた。逃げ切れない状態だった。
  三件目のエイジトピアでの冤罪は、俺の自尊心が耐え切れなかった。
  四件目のぬく森では冷静に対処できたけど、相手が上手だったし背景があった。
  五件目の白寿苑では俺が感情的に耐え切れなかった。
  六件目の花結びでは俺の神経が耐え切れなかった。
 
B:ほら、ほとんどお前が何か釈明をしたところでどうにも成らないことだったり、
  お前の神経のか細さのせいで自滅してんじゃないか。
  
A:ほんとだな・・・なんでこうも消耗してんだ?というかよわっちく成ってるんだ?

B:なんでだろうな。ソコは再点検してもいいのかもな。
  まぁ、本筋は、いじめられないキャラ作りとしなやかさというか度量の広さを
  養うって事なんだろうけどな。

A:前の俺に在って、今の俺に無いものか・・・

B:まぁ、ソコは良く考えろ。考えを進める前にまとめとくぞ。

A:うん。

B:要は、前提が間違った話が進行していても、その場で正そうとしないこと。
  まずは、一旦受け止めること。相手の感情と理論をな、そして、相手と
  その立ち位置を同じにすれば(なるほど~って受け答えだ)、
  つまり、理解者になれさえすれば、おのずと解決するって事。
  少なくとも敵対される事は無い。
  ソレと、どうしようもない事(状況が状況だったり、
  相手が上手だったり)てのもあるって事。
  その二点だな。

A:そっか、どうしようもない事をどうにかしようとしていたんだな。ゲーム脳だな。

B:無理は無駄。ダメだと判ったら、ちゃんと可能性のあることに注力したほうが賢い。
  相手がどうしようもなく上手って事もある。戦力差ってヤツだ。
  ソレを飲み込めるようになれば、
  そうすれば、ソコから学んだっなんて余裕あるセリフが出せるようになるだろうよ。
  以前は、そうして介護福祉士の資格取ったりしてたよな。
  毎日泣きながらさ。

A:ああ、出来ていたこともあるんだな。
  でも、寂しさや悔しさや孤立感に負けちゃうんだな。俺って。

B:どうせ人生途中で終わるんだよ。

A:そうか、終わりよければってのも、どこが終わりかって話だな。
  しなやかさって、失敗を冷静に受け止めて、次に向かうバネにする
  心の仕向け方が習慣になってる状態なんだな。

  今は、そのバネが金属の降伏点を越えたって感じか。

B:そうだな、ぺっしゃんこに成ったんだよ。それで一時期、
  無気力・無感情になった。

B:もうお前にバネの力は無い。
  くやしいかな。折れちまったんだな。でもな、生きてるんだよ。
  その内に再生する。
  でも、ヤッパリ同じことの繰り返しだ。だから、生かすんだよ。今回のことを。

  具体的に言うと、くやしいことは、くやしい。かなしいことはかなしい。
  ソコは甘んじて受け止めるんだよ。泣いただけじゃ晴れないだろ?
  思い出して、「あの時こうしていれば」「実はこうだったのかな?」
  って考えるのもほどほどにして、わき上がって来る感情の力を
  「じゃぁ、これからどうしよう」って考える様に仕向けるって事だな。

A:でも、一旦受け止めるってのが難しいんだよな。ただ、同じように
  絡め手で良い様に扱われる続けるのは辛い。

B:で、理解者が欲しいっていうのか?

A:ああ、受け止めてくれる胸が欲しい。

B:思い出してみろよ?お前、そんな胸に包まれた事あるか?

A:ん~

B:せいぜい、「藤原さんは何も間違っていないからね」って
  ケアマネが言ってくれたのが最後というか、それ以外は具体的には無いだろ?
  というか、胸に包まれるなんてやさしい母親みたいな存在に遭った事あるか?

A:彼女や元妻・・・そういえば・・・認めてくれる言葉は在ったが、
  別の時に、せいぜい膝枕とか、甘えたくらいかな。

B:だろ?その恐慌状態自体は一人で耐えてたんだろ?

A:だな。

B:つまり、本当は、必要は無いんだよ。理解者なんてさ。

A:ええええええええええええええええええええええええええ
  
  

仮題:

A:誰しも忘れたい事の一つや二つ持ってるもんだとは思う。
  で、忘れて新しいものを並べられるように何らかの方法で

  目の前のテーブルからどっかにやって生きてるんだと思う。
  
B:まぁ、別の言い方をすれば、
  持っていた者を手放して、新しいものを掴むんだな。

A:でもさ、手放したくなかったらどうすれば良い?

B:まぁ新しいものは手に入らないよな。

A:新しいものは別に必要なくて、でも手に持っているつもりになっているものが
  実は実体の無い"過去"だったとしたら、ダメなのかな。
  そういった生き方ってダメなのかな?

B:世間ではソレを「後ろ向き」って言うね。

A:でもさ。心は後ろ向きでもマイナスの言動さえしなければ良いんだよね?
B:ソレが出来るならな。でも、たとえばどんな感じで過去を抱えたままで
  それも、BADENDの過去を抱えたままで明るい言動が出来るって言うんだ?

A:ソコだよね。ソレこそが今後の自分の挑戦しなくちゃならない部分だよね。
  ようやく、過去を忘れたくない自分に向き合えたんだ。
  手を離したくない。抱えたままで生きて行きたいって判ったんだ。
  辛い事も悲しい事も楽しかった事も全部忘れられないし、
  手放したくない。

B:折角、お前から自由になれた人間からすればハタ迷惑かもな。

A:迷惑なら迷惑って言ってもくれればいい。連絡を止めるしかなくなる。
   けど言っては欲しくない。だから、距離をとったままでいい。
   でも、どこかで繋がっていたい。ソレが今の正直な気持ちだ。
   これじゃ、誰の手も取れない訳だw
   
B:まぁ自分に正直に生きるしかないな。でも、悲しい顔してると
  迷惑らしいからな。お前の悲しい顔は"不満顔"とにてるらしいからな。

A:ソコは課題点の一つだな。表情や発言には気をつけるよ。

B:「どうせ俺は」を止めて「何せ俺は」とか
  少しづつ変えていくしかないな。

A:ああ、そうするよ。
B:後、課題といえば、部下として活動する際に、
  その分を弁えて、発言するってとこかな。親分の期間が長かったからな。
  ちょっと部下の頃のスタンスを忘れてるんじゃないかと思う。
  ついつい、全体や会社目線でモノを言ってると思う。

A:だよなぁ、上司の言動がおかしくても従わないといけないし、
  まずい状況になりそうになったら上手く誘導やフォローしてあげないとな。

B:それ、すでに上から目線だと思うけど・・・まぁ上手くやれるてんなら
  すれば良いよ。ただ、大人な行動しろよ?
  常に見られてるとしてコソコソやるんだぞ?でないと、叩かれる材料を
  姑息な人間に利用されるからさ。

A:でもさぁ、笑っちゃうよな。あの仕事に対する姿勢。
  まるでゴールデンのドラマのまねじゃないか。
  マンガチックすぎてつい笑っちまう。

B:お前、本心ではバカにしてるだろ?介護業界の今の若い上司をさ。
A:ああ、かもな。ぜんぜん組織の動かし方がなってない。
  個人の能力も個性も生かさず、無理に型にはめるだけ。
  それで自分をも型にはめ込んでイライラしてる。
  ダメだろそんな余裕の無い状態にしていい仕事なんて出来るわけ無い。
  人間を生かすのが、部下を生かすのが、組織を生かすのが
  上司の役目だろ?ソレなのに、長が付く人間は、自分の立場ばかり気にしてる。
  なめられないようにばかり気を使ってる。

B:まぁ、ITでも、そういったダメ上司もいたじゃないか「博多んもんじゃけん」って
  いきまいていた奴がさ。

A:結局、アノ人とは理解しあえないと思ったよ。早く本社に戻ってくれてよかった。

B:ソノ後に来た二人もそれぞれ壊れてたよな。

A:ああ、仕事に関しては全くダメだった。放任しか出来ない人だった。
B:その後だよな。部署が変わってイスを後ろから蹴ってくるような人にあったのはさ。

A:ああ、いい上司にめぐり合えた。ソノ後は、無理難題を吹っかけてくるというか、
  そういう部署だったからね。みんな必死で頑張るしかなかった。
  個性を発揮しないとブレークスルー出来ない難題ばかりだったからね。
  結構、自由に動けた。あそこは良かった。

B:でもさぁ、どんな組織も成長というか衰退というか変化したジャン?
  そっからは、ダメダメだったねぇ。

A:ああ。仕事してない奴が威張り散らすパワハラ環境に変わってきたよな。
  仕事がぬるいからだよな。アレってさ。
B:ぬるいと重心がズレちゃうんだよな。まぁ、ソレからなのかな?
  おかしくなったのはさ。

A:時代の変わり目だったのかもな。その後、介護の世界に来て、
  ぬるぬるのところはヤッパリ変に厳しくて、ダメ人間の多い学校みたいだった。

B:校則が多い学校みたいだったな。番町というか、委員長というか
  そういう奴がやりたい放題だったな。

A:まぁ、コレが今の社会現象なんだろうな。俺には付いていけないよ。

2018年2月28日 (水)

仮題:

A:たまに、ものすごく寂しくなったりやるせなくなったりする。
  この感情はちょっとしたトリガーで自動で立ち上がってくる。

B:まぁ感情だからな。そりゃそうだろ。

A:理屈の上では今の状態になっている事を嘆くことじゃないってのは
  判っているけれど、どうしても悲しくなるし、未来に向けてむなしくなる。

B:味わうしかないんだろうな。否定せずにさ。

A:どんな関係にも終わりがある。どんな絆であろうとも。ソレは判ってる。
  その後には、今の自分が感じている感情に出会うって事も判ってる。
  けど、辛いものだな。

B:仕方ない。そのまま妻の病気の症状に振り回されて、お互いがおかしくなっていく事を
  選んでいたとしたら、お前が辛いだけじゃない、ソレがお互いにとって絶対に避けなければ
  ならない結末になると、ソレも考えたんじゃないか?
  実際に、自殺未遂されて、あんなこと言われて。
  仕方ないさ、あの時、あの場所で、お前は精一杯を決断したんだ。

A:自分で選んだ決断だったから、ソノ後も精一杯頑張ったんだけどな。
  ソレなのに、どうしてこうなった?って気持ちもある。
B:退職、病気再発から受診するまで、気を張り詰めすぎていたことは、
  今のお前になら判るだろ?
  まぁそれにしてもドラマチック過ぎる数年だったな。今考えると、
  アレだけの事が降りかかってきて正気で居る事の方が難しいだろうなと思うぞ?
A:そうか、じゃ、俺は楽な方を選んだんだな。やっとのことで。

B:そうなるな。「アレだけやったんだから」って位は頑張ったと思うぞ?

A:そうだな。今考えると俺よく頑張ってたよな。

B:ああ、だからさ。今はすべてを受け入れろよ。悲しさもさ。
  感情が湧いてくるって事は正常なことだぞ?

A:そういやそうだな。気力が全部そぎ落とされると、ソレさえも出てこなくなったもんな。
  今は、まともになりつつあるのかもな。

B:ただ、受け入れるっていうのも、どうやればいいってのは判んないけどな。

A:そうだな。まぁ、前みたいに"一日一日を生き残る事だけを考える"って
  そんなスタンスではないしな。
  ・・・いや、ソレに近いのかも
  
B:だとすると、ちょこっとヤバイな。

A:ヤバイかぁ。

B:でもさ、セミの鳴き声聞いたり、おばかなアニメ見たり、喫茶店に行ってみたり、
  何か修理したり、調理したり、データの整理したり、掃除したり、ギター弾いたり、
  カクテル試したり、いろいろしてるじゃないか。それでいいんじゃないか?

A:そうか。前の"生き残る"ってやつは、"気を紛らわす"ってヤツだった。
  似て異なるかもな。・・・

B:ん~・・・やっぱりヤバイのかもな。

A:だよなw同じだよなw

B:だな。でもさ、前みたいに悪夢見続けては居ないよな?

A:そういやそうだな。あれ?いつから見てないんだっけ?
B:多分、過去ログ見ればあるんじゃないか?

A:まぁ、いいけどね。ただ、少し寝起きが楽になったな。

B:ソレなのにこの悲しみやむなしさの原因はやっぱりアレか?

A:ん~だろうな。

B:でもさ。無しのつぶてになりかけてたものが一回返事が返ってきただけでコレだからな。
  お前、ぜんぜん清算できてないな。

A:清算かぁ。過去は変わらないって事だけが救いだ。

B:結局、そうなのね。

A:だな。
  コレも感じるままに感じていていいのか?

B:ん~。

A:まぁ、いろいろ試してみるよ。

B:だな。ただ、感情を昇華するか、転嫁するか、否定するかで言ったら
  否定だけはするなよ。感情のコントロールに何をしてもいいけど、
  振り払って頑張って、それで今がある。良い意味でも悪い意味でも
  ソレが事実だよな。だから、いろいろ試すなら、ただ、振り払うってのは
  "取って置く"ってこういだって判ってるんだからさ?

A:あ~そうだな。取って置きたいんだろうな。俺はさ。
  ダメかな?

B:どうなんだろうな。にしても、それで生きる気力を失うくらいなら
  捨てる(清算)ってのも、そろそろ考えなくちゃいけないのかもな。

A:ダメだよ。

B:答え出てるんじゃん。

A:まぁ、そうだな。

仮題:

A:国民健康保険を支払いすぎていた。というか、控除が出来たのに、
  知らなかった。教えてもらいに行った時に窓口が違うために何の案内も無かったからだ。

B:あ~良くある事だな。それにお前、前の市ではちゃんとやってただろ?

A:市を跨いだ時にはまだ仕事していた。その後、診断を受けてクビになったとき、
  どのような手続きが必要かを福祉課に聞きにいったんだがな。
  診断のショックでソコまで詰めた質問が出来なかった。
  質問を絞ってくる窓口の言うがままに聞き、控除に関しては一切話がされなかった。

B:まぁ、払えたんだから良かったとしろよ。もう返さないって市は言ってるんだろ?

A:ああ、国民健康保険は、控除手続きがされてからしか資格が発生しないという
  仕組みだそうだ。ソノクセに転入時には銀行引き落とししか
  受け付けないと言うことだった。

B:立派な福祉市制だな。

A:ああ、全くだ。相当ダメな人間が多い市なんだろうな。小牧市ってさ。

B:お前が転入するくらいだからなw

A:この地域では、岩倉市では通り魔に遭ったり、バイクの盗難未遂や自転車泥棒に遭った。
  まぁ、最低の町だな。市政も相当締めてからないとダメなところなんだろうな。
  折角、最後の職場の責任者が、無職になった理由を、"期間満了のため"と
  銘打ってくれたのに、市からは、失業給付書類が一個前の理由が最終として
  書かれているから控除対象にならないって回答だった。
  離職票には2Cって記号と"期間満了のため"とちゃんと書いてあるのに、
  最終の理由が書かれている書類じゃない失業給付用の書類の番号で判断しかしない
  って事だった。何度も窓口の人が対応してくれたけど、結局、
  事実と異なろうがなんだろうが、市が決めた書類でしか認めないという事だった。

B:お前、この市から出たら?

A:折角、良い先生に廻り遭えたのにな。皮肉なもんだ。
  まぁ、窓口の人は良い人だったけど、まぁ上手くはいかないもんだな。
  どの道、俺みたいな社会不適合の烙印を押された障害者はお荷物なんだから、
  泣き寝入りするしかないらしい。控除は受けそびれるし・・・
  そういえば、酔っ払いに跳ねられたのも小牧市だったな。

B:お前・・・ほんとココにいたらダメなんじゃないのか?

A:せっかくアパートはいいところ見つけたのになぁ。

B:ほんと精神病って厄介だな。

A:普通に仕事して、普通に暮らす人にはどうでもいいことだろうけど、
  俺みたいな病人は、まぁほんとにお荷物なんだなって思うよ。
  良い消費者では在ると思うんだけどなぁ。
  毎日いろいろ消費してるぞ?

B:そりゃ生きてりゃ消費するって言うか、お金は使うからなぁ。

A:ん~他の控除を確認してみる気力も殺がれる想いだよ。
  住民税も明日、聞きに行ってみようかな?

2018年2月27日 (火)

仮題:

A:世の中には、建前と本音の部分があり、世の中には、特に本の類には、

  建前の部分しか書いていない。それがゆえに、
  人間関係や世界観を誤って捉え、ドツボにはまっていく人間が居る。
  今の世に中で適応障害を起こしている、または、その予備軍たちが
  こうも多いのは、それらがあまりに流布され、
  夢見勝ちな人間が大量生産されているからだと、
  私は思う。かくいう私もそうだった。

B:それで?

A:今後の人生を通じて、否、過去の事象も含め検証する事で、
  それらを暴き、少しでも現実的な思考へシフトしたいと考えた。

B:具体的にはどういう事?例えば?

A:例えば、集団心理、何故にいじめは起こるのか?
  特に特異な特性を持ち合わせていないのに何故標的にされるのか
  分からない後輩が居た。そして、私も45を過ぎたあたりから
  なぜかそれを経験した。これはなぜか?

B:何故なんだろうね~

A:精神科医の先生は「空気が読めない」「友人関係に対してお花畑な幻想を持っている」
  と私を評した。
  以前の私と45からの私の違い。そして、後輩が何故、何も悪いことなどしていないのに
  陰口をたたかれ、事あるごとにいじめられていたのか。

B:ふむ。
A:そういった事の裏には、人間関係における不文律があり、それを破る言動や
  何らかの理由が存在するのだと思う。けれども、
  建前でしか生きられない自分には全く分からない。
  自分の身に降りかかって、ようやく解明したいと思ったのだよ。

B:「空気が読めない」で終わりじゃない?

A:それはカタカナ文字と同じだよ。「当たり前のことだろ?それ以上は聞くな」と
  言われていうるようなもので。その実、何も伝わっていない。
  それでは改善出来ないんだよ。

B:ん~。本からしか勉強できないお前でも45までは
  それでやってこれたんだよな?恋人も作り、友人も作り、
  結婚までしてきて、様々な仕事場で成功も失敗も経験してきたんだよな?

A:ああ、でも、何故か今はダメなんだよ。なんでだと思う?不思議だろ?
   ある時から突然、「君は空気が読めない人間だ」
   「0-100でしか考えれない極端な思考の持ち主だ」「社会不適合者だ」って・・・
   だから、知りたいんだ。
   それを解明していく事をライフワークとして位置付けたいと思った。

B:あ~そうきたか。まぁ、気長にやれよ。

A:ああ、親切にもタグ設定がある。それに関する内容については、
  「不文律」のタグをつけてみたいと思う。

B:そっか、まぁ頑張れ

2018年2月25日 (日)

仮題:

A:自分の近況報告をしてみたい。
  先生が「危うい」と言ったことが気になっている。

  自分をモニターしようと思う。

B:ほう。

A:言うほど危うく見えるのはどうしてだろうか?
  表情?会話?総合的な判断なんだろうけど、自分的には、今は落ち着いている。
  けれど、ストレスレスの今の生活では当然なんだろうな。
  
B:先生とはどんな会話したんだよ?

A:「調子はどう?」という問いに、今は、落ち着いている。ストレスレスな生活をしている。
  続けて、就職活動について話した。

B:ふんふん。ハローワークで相談したことを言ったんだね。

A:多分、CAD 高齢者で検索したんだろうな。高齢者対応の社会復帰訓練所の
  パート職員の職を紹介された。その事を言った。

B:それから?

A:先生に<自分の仕様書>の書き方について相談した。
  <自分の長所短所>の項目は書けたが、<お願いしたい事>の項目は
  どのようにしたら良いのか、本音と空欄を持って相談に行った。

B:先生の反応はどうだった

A:まず。長所の3箇所が問題ありとしてきた。
  ITスキルがあることは判っているけど、電話対応や接客、プレゼンは
  苦手にしておいたほうが良い。なぜなら君の思考は「0or100」「白黒つけたがる
  特色がある。トラブルの対応などで求められるのは、その場を穏便に収める事。
  ソレが今の君には出来ないと思う。とのことだった。

B:でも、お前トラブる対処はやってたジャン3年もさ、

A:しかし、今のお前にはソレが出来なくなってるという判断らしいし、
  確かに、いまはそうかもしれない。だから、<苦手>の欄に移動すると良いと
  言うことだった。そうでないと、自分の特徴の欄に書かれた
  内容と矛盾するという事だった。
  お客様対応では、ソレが出来る自信があるのだが、確かに
  そうしないと、<白黒つけたがる>という特徴に相反していると思う。
  素直に」「対人折衝は<苦手。の欄に入れることにしたよ。
  出時ると言っておいて、できなかったときのリスクを考えると
  良い判断だと思う。

B:じゃぁ<お願いしたい事>の欄についてはどうだったんだ?

A:ん~どうだったかな。次回の相談項目かな。
A:ソレと、自分の間違った認識の原因を考えて見てみた。
  ソコかで問題行動に繋がる勘違いを、この人生の中で学習してしまったために
  今のブレの無い問題のある自分が在ると思う。

B:なるほどね、「勘違い」の元を探ったわけだ。

A:要は、時と場にそぐわない何かをしているからだと思うけど、何故、ソレを
  かたくなにしてしまっているかの分析だ。

B:なるなる。

A:コレについては 長くなるし、今はお酒が入っているから、
  推敲に持ち越したいと思う。昨日、ファミレスで考えていて、
  少し手がかりが手に入った感じがしている。
  明日は、その事を掘り下げてみようと思う。

B:そっか、確定申告やら、国民健康保険の減免の手続きやら
  明日は忙しいな。

A:午前中に確定申告、午後2時過ぎに減免の連絡が入る予定だから、
  昼はまたファミレスにでも行こうと思う。

B:joyfullが近くにあれば良いのにな。

A:ああ、安いファミレスが近くにあれば楽なのには、本当にそう思おうよ。

2018年2月24日 (土)

仮題:

A:最近、部屋のノートが重い。

B:ブラウジングでだろ?キャッシュ残ってるからじゃね?

A:設定いじるのめんどい。どーせコレしかしないからいいや。
  今日は、たまたま、ヨッシーさんのブログを読もうとしただけでさ。
  お陰で何とか生きてることを伝えようかと思ったけど・・・動かんwってなっただけだ。

B:諦めろ。でもさ、こいつSSDだし、ソレ相応のスピードだったはずなんだけどな?
  ほんと、ちょっと調子悪いな。

A:掃除もしてないしなぁ。最近はタンクの再塗装に掛かりっきりだし。

B:で?具合はどうだ?

A:何とかいけそうだよ。タレの部分は最低限に出来そうだ。
  まぁ、厚塗りは内部からのサビ対策でもあるからな。タレる位でいいんだよ。

B:そっかぁ~。まぁ、はぐって塗れないのは仕方ないか。で?いつ終わるの?

A:明日、水研ぎしてクリアー塗って、一週間放置かな?コンパウンドでいいかなぁ?

B:ん~本来は2000番で水研ぎしてコンパウンドだけど・・・
  下地が出てたんだよな?再塗装前って?

A:んだ。

B:となると、また出るぞ?コンパウンドの使い方間違うと塗装に侵食するからな
  ちょっと調べてからにしろよ。

A:ん~そうする。で、手触り次第かな。クリアーまでは済ませたいなぁ
  日差しがしっかりあるとうれしいな。ん~塗装が浮かなければいいけどなぁ。

B:水研ぎの段階がすめば、中性洗剤で洗ってから乾燥させるだろ?

A:ああ。

B:ソレを日差しがある時間までに終わらせれば大丈夫だろ。

  後は、クリアー缶をお湯に漬けて冷やさない事かな?
  ソレと、絶対に斜め塗りしないことかな。

A:ああ、斜め塗りで今回も水研ぎが必要になってるような気がする。
  ソレさえしなきゃそのままクリアいけたかもな・・・がっかりだよ。

B:まぁ、その分頑張れ。
  で、ソレはそうと、他のことは大丈夫なのか?

A:今は、あせっちゃダメだと思ってるよ。

B:成る程な。

A:でも、何か変えなくちゃっていうのも思ってる。で、
  とりあえず、お酒の飲み方を変えてみたら、コレがビンゴだった!
  トマトジュースと混ぜたら美味いこと美味いこと!ワインいくらでも飲めそうだった。
  ソレと、寂しいときはセミの鳴き声が効くことが分かった。

B:お前wなにやってんだよ。

A:変わるのってたいへんなんだぞ?

B:そうだな。

A:後、コタツで寝た。気持ちよかったよ~

B:お前・・・ダメに変わってないか?

A:ダメかどうかは後で判断するよ。今は、とにかくゆっくり確実に
  自分を見つめるよ。

B:そっか、まぁ、ほどほどにな。

A:ああ、今は、ソノくらいのペースでしか物事が出来ないから
  大丈夫だよ。

B:そっか。

A:ただ、気になるのが、先生が昨日言ってたこと。
 
B:ああ、「優等生っぽく振舞ってるけど、破綻しそうに見える」って言ってたな。

A:ああ、言ってたな。そうは思うんだよ。けどさ、進むしかないだろ?

B:そうだな。

A:だから、いろいろやってみているんだ。今だからこそ出来る事をさ。

B:そっか・・・そういえば、グランチェスタ チケット安売り中だろ?

A:あ~300円かな?

B:じゃ、水研ぎ・洗浄の後の乾燥の間に行ってこいよ。
  それで後は天候次第でクリアーだな。

2018年2月20日 (火)

仮題:

A:バイクのタンクとl車のホイールの塗装をした。
  バイクのタンクは、以前、間違えてつや消しで塗ってしまったので
  今度は艶ありの黒だ。でも、また180円の安物だけどなw

B:で、どうだ?

A:ん~~、失敗だな。やっぱりサフラスで垂れが出たままで塗ったのが失敗だった。

B:あ~~~前に失敗したのにw

A:コレで一週間放置決定だな。その後でペーパーがけして、下地が出れば再度

  黒で塗装してクリア塗装~~~

B:出るだろw下地。だって垂れだろ?上手く周りと合わせて削れるわけ無いじゃん

A:そう思ってるよwでもさ、再塗装には完全乾燥必要だろ?

B:そうだな。前はそれで失敗した。確かタオルか何かの模様が付いたよな。

A:雨や風でバイクカバーとこすれるのを心配してタオルをそっと置いたつもりが
  模様が残っちゃったよなwあれは失敗だった。

B:だろ?だったら今度のペーパーがけはソレも落とさないとなw

A:あ~サフラフ前にしっかり削っとくんだったw

B:まぁ、ソレも考えて二缶買ったんだろ?

A:まぁなw

B:じゃいいじゃん。ちゃんと塗れてたところ分だけ、塗料が厚塗りできるだろ?

A:ソレだとするとまたペーパーがけに一週間放置になる。

B:デモさ。それ仕方ないだろw

A:あ~この寒いのに車が使えないよ。

B:じゃ、いちいち部屋に戻すか?そのためにスクーターがあるんじゃないか?

A:だよなw雨が降らないことに期待だよ。特に木曜日とかさ。

B:今のところ、奇跡的に木曜はずっと晴れてるなw

A:ああ、よく考えたら一回も雨に降られてない。雪も無いw
  運がいいのかな?

B:どこかでツキを落とさないとなw次は雨だぜ。きっとさ。

A:まぁ、ソレもありかなw

2018年2月16日 (金)

仮題:

A:やっぱり、もう仕事変わっていたらしい。いつからなのか?
  最後の電話の後だろうか?

B:そうかもな、わからん。とにかく、俺らには何も言ってくれなかった。

  それが痛いな。

A:ああ。ただ、ただ、痛いな。

B:でもさ、お前、自分のトラブルの事で頭一杯だったときだろ?
  あいつの相談なんか聞ける上体じゃなかったろ?
  仕方ないさ。

A:面目ない。そうだな。

B:まぁオーナーが農業関係に行ったって言う事は、
  A型就業支援プログラムって事だと思う。

A:福祉課の話からすると
  ドアーズ辺りか、それとももう一つの方か、秋くらいからだろうな。
  冬から農業って事は無いと思う。
  もしかすると夏辺りから既に行ってたのかも、

B:びっくりしたよ。福祉課に直行だもんなお前、
  ソレってどうよ?

A:ああ、自分でも驚いてた。

B:でもいつだったんだろうな。

A:夏かな?だって結構日に焼けていたからさ。

A:最後に見たとき、確かに・・・もう2年も前だぞそれ。

B:そうだな。となるとずっと俺らに隠してたってことか?

A:いやいや、言わなかっただけ。

  現実的に考えると・・・秋口って事かな
  俺がトラウマ最高潮の頃じゃないか?メールしか繋がらなくなった頃のさ。

B:なんにせよ。くみちゃんに後のことを任せるとか・・・女ってほんとわかんない。
 
A:うん。でも、すごいな。救いだよなきっとあいつにとってさ。

B:ソレもほんとの事かどうか

A:もう、嘘ばかりで何が本当なのか、全くわからない。正直、
  それがやさしさだったとしても、ほんとうに嘘が多かった。

B:本当のことの方が多いだろ?

A:にしても嘘が多かった。ソレなのに試されて、試されて、辛かった。
  俺が崩れ落ちるまで、試されて、試されて、
  あいつが怖かったのだろうことは分かるけど、俺は
  信じてもらえないこと、疑われ続ける事が本当に辛かった。

B:だな、辛かったな。

A:そう、辛かった。でも、その辛さ、今は少し、いとおしい。
B:そうだな。

A:コレってなんて感情なんだろうな。

B:なんて呼べばいいんだろうな。

A:幸せになって欲しいな。

B:そうだな。幸せになって欲しいな。

A:この気持ちは、寂しさ、悲しさ、辛さ、だけじゃないな、なんだろ?
  もう一つ、何か、言葉に出来ない気持ちがあるな。
  腹の中があたたかいような。なつかしいような。

B:無理に言葉にしなくてもいいよ。

A:でも、忘れたくない。あいつとの日々も
  今のこの感情も。

B:でも、わすれちゃうんだろ?

A:ああ、明日になれば、きっと忘れてしまう。今のこの感情はさ。

B:大丈夫。忘れても、ソレを感じた時間は永遠に無くならない。
  悪い事も良い事も、何もかも、時間ってヤツは、
  その歩みを止めないだけじゃなくて、永遠に留めてくれるんだ。
  勝手に変えたりはしない。

A:そうだったな。良い事も悪い事も、全部、一切合切、
  止まらないだけじゃなく、消えないって事も、たまにはいい面もあるんだな。

B:そうだよ。お前が今の気持ちを忘れても、
  時は、ソレを勝手に改変したりしない。その時のお前の気持ち、
  あいつの幸せを想う気持ち、少しは愛されてたかもしれないと
  懐かしく思う気持ち、かわいい仕草をちら見してたアノ瞬間を思い出した時の気持ち、
  お尻にかぶりついた感触を思い出した時の、すべて。
  とりとめもなく、あったかくて、冷たくて、硬くて、痛くて、そんなすべてを
  時は、とっておいてくれる。
  
A:そうか、走馬灯ってあるよな。あの為かな。

B:ああ?まぁ、そうかもな・・・

  ああ、そうなのかもな、死に臨んで、辛さの緩和に使うために、
  ストックされた幸せのかけら

A:幸せってやっぱり辛さを含んでんだな。

B:表意文字だからな。辛さに、何か一つ加わると、幸せになる、
  幸せを感じるんだろうな。

A:あいつも辛い事ばかりだったから、何か一つ加わってるといいな。

B:お互いに手を離したんだ。何かを掴かむ手は、空いてるだろうよ。
  生きていれば、何らかの縁があるさ。
  土に触れていれば、きっと見えてくるものもあるんじゃないかな。

A:そうだといいな。

B:ああ、そうだといいな。

A:今夜だけは、彼女の為に祈ろう。
  彼女の幸せを祈ろう。

B:そうだな。

2018年2月15日 (木)

仮題:

A:受診した、眠った。そして、食事して、風呂入って、

  寝巻きに着替えて、ハンテン羽織って、外で炭酸グビッてしながら
  タバコ吸いながら星を見
  ここって、天国だったんだなって思った。

B:ほぅ。

A:だってそうだろ?みんなみたいに家族や友人関係で悩む事も
  苦しむ事も無い。お金も貯蓄があるから今のところ心配ない。
  なんだって手に入れられる。本当に欲しいものなんてあまり無い。
  20代の頃にいじってたバイクもほとんど修理完了して、思ってた通りに改造も出来た。
  部屋の中だって十分だ。そこそこ整頓されて、多すぎる荷物に苦しむ事も無い。
  好きなときに好きな事ができてさ。

B:で?

A:ソレに比べて、昔は、畜生のような、修羅のような、餓鬼のような人や想いに
  囲まれて、それでもそのなかで天上人のように生きてきた。
  けど、ほんの数年前に羽をもがれたがごとく、粗雑に扱われ、人間界に嫌気が差した。

B:はぁ何言っちゃってるんですか?ファンタジーものの解説?

A:まぁ、そのまま聞けよ。
  でさ、阿呆になったんだよ。気違いのレッテルをもらったら、世間からはじき出されて
  気が付いたら、天界に居たって話だ。で、
  今の自分には欲しいものは、不足を感じているものは、人間界での暮らし、
  良いものも悪いものもある人間界の暮らしなんだって判ったって事。

B:ひぇ~何?その妄想ワールド。
  つまり・・・ちょびっと不幸が欲しいって事?

A:端的に言うとそうなのかな?つまりさ。先生から貰った回答が、俺の腹に落ちたって事。
  常々思ってた事、つい最近、やっとまとめきった自分仕様書(自分版)作成中に
  腑に落ちなかった部分を質問できて、そして回答をもらえて、さらに
  理解できた結果だよ。

B:にしても、不幸を欲しがるなんて・・・少し前は、ちょっとでも傷つく事を怖がってたのに、
  あっ、傷つく事は怖くないの?

A:怖いよ。でも、ソレも現実だよ。仕方ない。ソレがこの"なんでもあり"の
  人間界なんだと思う。みんな孤独で、夢見がちで、流されやすくて、
  利己的で、弱くて、強欲で、そんな世界。それが現実。
  やっと夢から覚めた気分だよ。
  40にして惑わずとは人生60の時代の言葉だよね。
  50でやっと解ったよ。孤独も寂しさも味わうものなんだな。

B:なんだか悟りすぎちゃってない?怖いよ。

A:でもさ、そういっていられるのも今のうちなんだよね。
  天上の生活も、長くてあと一ヶ月、書類が届いちゃう。
  そろそろ、履歴書とか、用意しないと、

B:お前さんの場合、自作しないと、どのフォーマットでも
  行数足りないもんな。

A:ああwそうだな。随分と挑戦したもんだ。がんばったんだぞ?!

B:それは知ってるよ。よろよろなのにノーガード。
  古いボクシングマンガみたいな戦いだったなw

A:ちゃんとダウンする必要があったんだろうな。今は、そう思う。

B:なんだか、何の話かわかんなくなったけど、
  明日は、予定通り見に行くのか?

A:ん~どうしようかなぁ。今行かないと、行けなくなりそうな気もするし、
  

仮題:

A:今日は診察だった。先回書いた分については「優等生的な内容」
  「ただ、ちょっと問題のある部分がある」といわれた。

B:ほぅ。

A:優等生的な部分に関しては
  「先入観で物事を考えてしまうところがある。」と、言う事だよね。と言われ、

  問題点としては、下血の件を言われた。
B:あれ、お前が一番安全だと思って書いた部分じゃないか?

A:そうなんだよね~。

B:で?先生はどうして?

A:企業が採用する際には、「じゃ、ちゃんと診察して直してから来いよ」ってなるってさ。
  医者じゃないから、"下血"を大病として捉えちゃうってことらしい。

B:じゃ、お願いすることってないじゃん。

A:そうだな。ないなぁ。後、病気の特徴に関しては、上二段目までは
  本人が埋める内容だったらしい。
  「長所短所の欄と重複するから書かなかったのかな?」と
  言われたよ。

B:ドンマイだ。もう一回書いたほうがいいな。ハローワーク向けに

A:ああ、そうするよ。そろそろ手帳の交付もあるだろうしな。

B:後はどんな話しをしたんだ?

A:俺がCと分類したトラウマ発動に関しては、人間関係の不文律について
  なかなか突っ込んだ話をしてもらえた。
  
B:あ~じゃぁ見せなかったのか、お前のまとめは?

A:ああ、ソコまで行かなくてもすべて回答がもらえたよ。
  自分が思っている勘違いの根源をね。

B:根源?

A:話の流れから、俺から先生に、人との関わり方に関する質問をしたんだ。
  「何でも知りたがり、根掘り葉掘り聞いてくる」「そのくせ、敵視する」どうしたら?ってさ。

B:そしたら?

A:ソコでいらない事までしゃべっちゃうのが君の病気なんだよって言われた。
  どうも自己開示の本とかに感化されすぎている感じなのかもしれない。
  それから、「人は聞きたがる。そこであまりしゃべっちゃうと上下関係が出来る」
  「より多く情報を得た人間というのは、その関係においては上になるんだよ」
  「だから、都合の悪い事(弱点まで)ぺらぺらしゃべっちゃう君は下に見られるんだよ」
  って言われた。つまり、自己開示ってのは、な~~~~んにもいいこと無いって事。
  最後の最後にすることらしい。いや、下手したら、しないことが正常らしいんだ。

B:と成るとアレか?世間の啓蒙書ってのは病気や勘違いの根源?

A:先生はこうも言ったよ「君が考える友人というものは世の中には居ない」
  何もかも分かり合えるなんて在りえない」って、「お花畑だ」と。

B:ドライだwでも、お前の結論と合致しないか?

A:すべて腹に落ちたよ。さらに「人を見る目が無い。」
  コレが俺のもう一つの特徴らしい。
  アプローチの仕方から既に間違ってるそうだ。
  俺は、最初に全部ぶちまけて、そのあとで壁を作る。
  だから敵対していると相手に感じさせる。
  普通は、徐々に近づいて、限界点を探りながら進んで、
  ある程度のところでSTOPする。
  「君は0か100 敵か味方かの両極端しかない」
  そういうことらしい。

B:じゃ、先生はそんなお前にどうアドバイスしたんだ?

A:余計な事はしゃべらない事。嘘も方便というか、情報を与えすぎない事と
  お花畑な幻想は無い事を認識するようにとの事だ。

B:ん~と成ると、社会人生活ってのは孤独だな。

A:といっても、子供時代に友達が少なかったからな。
  幻想を抱いていたのは確かだよ。だから親友って言える友達は、今は、
  友人Sのみだ。信頼している友人ってのはいるが、すごく少ない。
  きっと、それが現実なんだと思う。
  俺はソレで十分だと思っていたけど、コレって
  社会人として知人が少なすぎるって事らしい。

B:と、東北・・・

A:そう、同属嫌悪ってヤツだな。
B:今日は意味深い診察だったな。

A:ああ、現実ってヤツがしっかり見えてきたよ。

B:じゃ、進まないとな。

A:ああ、そうする。あっ先生に「ぜひ、そういった不文律の部分で本を出して」って
  言ったら「人格を疑われる」って拒否られたよw

B:お前が書けよ。

A:そうだな。

仮題:

A:楽しい夢を見た。ドライブの夢だった。
  トラブルに遭った女の子たちを助ける夢。
  自分も若かった。きっと昨日読んだ少女漫画のせいだろう。

  年甲斐も無く、楽しんで笑っていたように思う。

B:最近、めっきり元妻の夢見ないのな。

A:ああ、彼女は連絡を返さないようになった。きっと、お相手が見つかったんだと思う。
  もしかすると単に、俺を悪者にする嘘を突き通す事に成功したのかもしれないな。
  自分の浮気相手の娘に死後の処理をお願いするくらいだ。
  どんな嘘なのか・・・想像できないし、したくも無いけどな。
  ただ、病気で入院中とかなってなければ良いけど。
  最後に会った時、異様に太っていたのが少し気になるけどな。

B:まぁ、心配くらいはしても良いけど、干渉しちゃダメだろ。彼女が本当に悪女なら
  お前からお金搾り取ろうとするだろう?ソレをしてこないってことはさ、
  まだ人だってことだよ。幸せになれるよ。関わって邪魔しちゃいけないんじゃないか?

A:そうだな。俺が調子の悪いときに連絡すれば、責めてる形に受け取られる可能性も
  あるってことか・・・でもさ、コッチの調子よりもアッチの状態が心配だ。
  喫茶店に行って様子でも見てこようかな?

B:ソレは良いんじゃないか?お前、血色も良くなったって友人Nに言われたんだろ?
  最悪、あてつけにはならんさ。

A:そうだな。そうするよ。

B:しかし、もしも、もしもだよ?
  調子悪そうだとしたらどうする?

A:出来る限りの事はしたい。あいつが望まないとしてもな。でなけりゃ
  かわいそう過ぎる。あいつだってあいつなりに努力はしてたんだ。それは知ってる。
  俺には支えきれなかったけどな。

B:そうなのか・・・今のお前がそういうんなら、そうなのかもな。

A:もしかすると、元夫は大悪人になってるかもしれない。古い友人って言って、
  勤務状況でも聞いてみようと思う。元気にしてるか?位は聞いてもいいだろう?
  
B:気の澄むようにしたらいい。お前の元気な顔見せればそれで良いんだからな。
  だから、目一杯元気な顔して行くんだぞ?ソコだけは忘れんなんよ。

A:ああ、あいつに罪悪感を植え付けに行くわけじゃないからな。
  あげていくよ。

B:で、今日は診察だな。アレ渡すのか?

A:読んでくれそうだったら、そうする。けど、前に出した内容の感想を聞きたいな。
 
B:たぶん「いいんじゃない?」だろ。そう思うぞ?

A:ん~無反応か。。。少しでも手ごたえがあると良いんだけどなぁ。

B:ソイツは仕方ないだろ?一患者の一人だよ。
  読んでくれるだけでもありがたいところだろ?

A:そうなると、今度のは、出さない方がいいのかな?
  
B:興味あるかないかは、軽く聞いてみてはどうだ?
  そうなら、受け取らないだろ?それにお前は何を期待してるんだ?

A:そうだな。「普通になった」って喜んでくれると良いなと思ってる。

B:ソコまで感情移入しないだろ?お前の悪い癖だぞ?
  東北人か?

A:差別発言じゃないか。

B:お前が、そういう東北人にしか会った事がないから仕方ない。
  例えだよ。そう熱くなるなよ。ココはお前の頭の中だ。

A:そうだな。「東北人さんごめんなさい」

B:気は澄んだか?

A:あまり。でも、俺の性質に一つ記入漏れがある事が判った。
  俺は差別主義者だ。

B:ほぉ~ん。で?

A:良くない事だろ?

B:でも、現実だぞ?差別は。お前はしないように気をつける。
  そして、世間にソレがあっても受け止める。それだけのことだろ?

A:なる。ハラスメントと同じか。要は強くなれ。柔軟になれ。そうすれば
  楽に生きられる。自分を生かす機会もてことだな?

B:そうそう、損得勘定と似て異なるけど、冷静になれってこった。
  そういうキャラ誰か知らないのか?

A:短いクールで終わるアニメばかり見てるからな。瞬間湯沸かし機みたいな
  キャラしか知らない。

B:あ~現代人のゆとりの無さは、この気の短さってことかもな。
  退屈が敵になってるところかもな。

A:退屈か・・・一番の敵  つまりは、一番味方にしたい相手だな。
  そうすれば、最強じゃないか。

B:そうだな。退屈を味方に・・・かぁ
A:ボケそうだなw

B:退屈と気が短いのは別だよw
  先の、損得勘定と似て異なるってとこ、よく思い返してみろよ。
  そうやっていつも単純化して大切なものを見失う。
  コレも気が短いってことなのかもな。

A:ん~喫茶にでも行ってくるよ。そしてそのまま病院にいく。
  今日は11時過ぎだったからな。

B:そうしろ。ソレくらいの余裕はあるだろ?

A:ああ、気が長くなる訓練だと思う事にするよ。

B:あ~、お前は良くても、周りは気が短い事を忘れんなよ。

A:うい。現実ってヤツね。

B:そうそう。

2018年2月13日 (火)

仮題:

A:2月6日の内容を校正したものを転記する。

B:唐突だけど、何で?

A:なぜか自分の想いをしっかり書けた時に限って、何故かネットワークエラーで
  内容が消える。だから、紙に書いておいたんだ。
  で、当日、タイピングがめんどくさくて今に至るとw  

B:あ~で、2月6日に書き始めて途中やりになってた内容なんだな?

A:そういうことだ。では、転写する。

A:今、社会不適合者という免罪符を手に入れて、時間が出来た。
一時期読書も出来ないほどに落ち込んだ脳の活性化のために、
心理学、社会心理学、文化心理学やHowTo本を読み漁っているが、
以前の様に迷う事は無くなった。※(2月6日書き出し参照)
逆に、最近、そういった本を読むと、ふつふつと感じる事がある。
他の本との相違点や内容の深い浅いとかなどでは無く、
肝心な事が抜けているように感じるのだ。
一番肝心なところ。どの本も人が幸せになるためのHowToが
その目的のものばかり、のはずなのに、ものの見方や考え方などが書いてある。
いやいや、ソレは判ってるんだよね。みんな。
でも、それが自分たちには出来ないから困ってるんだよ。
だから、ソノ部分を知りたいんだ。腹に落としたいんだよね。
困った人への自分に合った対処方法や、困った自分って生き物の操縦方法とか、
自分の生かし方とかをさ。
世にある本は、筆者が自分を納得させれた方法や、
そう思い込んでいるHowToでしかない。つまり前提が違うのだ。
例えるなら、イケメンが壁ドンをすれば、お相手は恋に落ちるかもしれないが、
ブサメンが同じ事をすれば、最悪、堀の中に放り込まれる。
なのに、本を読み進めるうちに、「自分でも同じ事(例えば壁ドン)をすれば恋人が
出来るかも?って錯覚を起こして夢見ちゃう。そんな本ばかり。
コレって一種、暗示じゃないかって感じてしまう。
つまり、タイトルに共感して、読んでいるうちに
(自己暗示というか、筆者の思い込んでる世界実現への布石活動みたいな)
呪文を読んでいるって感じだ。
私はもう、そういった呪文には引っかからないけれど、世の中、そういった本の多い事。
そして、人をひきつけるタイトルの多い事。どうしてこうなってしまったのか?
って考えてしまう。ある意味、肯定的に現実を考えてみると、
こういった本や世間の色眼鏡の副作用じゃ無いかとも思う。
つまり、"錯覚"というか、集団催眠のごとく、素直で、現実を夢見がちに見てしまう人間を
大量生産している何かがあるんじゃないだろうか?ソレが今の社会現象とも言える
社会不適合者を作っている主な理由なのかどうかは判らない。
しかし、世のブームの火付け役はなんだろうか?本だろうか?歌だろうか?
映画だろうか?ドラマだろうか?ニュースだろうか?教育だろうか?バラエティ番組
だろうか?電車のつり広告だろうか?
なんにせよ。錯覚は集団の中でも作用する。そして、個々の錯覚と集団の錯覚が
相反する時には、問題が起こるんじゃないだろうか。そして、弱い人間(少数派)が
強い人間達に集団からはじき出されるってのもあるんじゃないだろうか?
ちょっと本題から外れてみる。

そう仮定してみたとき、新たな疑問が生じてくる。
上記の疑問など足元にも及ばない大きな問題だ。
一体"弱さ"とはなんだろうか?
"強さ"さえあれば、どんな状況だろうと前向きで居られるだろう。
自分が精一杯生きていなくても、もったいないことになっていても、惨めな状況になっても、
罵られようと、憎まれようと、友達が居なくても、居場所が無くても、
笑顔が出なくなっても、涙も枯れ果てても、世間や世界を敵に回しても。

ヒントは、文化心理学という学問があると紹介していた本にあった。
人間は集団の生き物である。集団の中での承認がその存在の為には必要だというのだ。
さらに文化の違いによって、その依存度はかなり違うらしい。
日本人は、かなり周りの人間の承認を得なければ生きていけない人種だいうのだ。
つまり、この場合、"強さや弱さ"とは、自己肯定力の強弱では無いだろうか?
自分が正しいとした事を周りから非難、否定、拒否されてどれくらいの人間が
社会適合していられるというのだろうか?
今のゆとりの無い社会でそういった人間はどうやって自己を成り立たせられると
いうのだろうか?SNSやLINEなど、つながりが無ければ生きていけない人間性を
見せつけさせられる現代において、コレが自己肯定力(幸せ)の大きな割合を占めている
ことは疑いの余地が無いのではないのだろうか?

A:と、ココまで書いてあった。

B:長い上に結論が見えないな。

A:ああ、結局、今、「ただし、イケメンに限る」って風潮というか、
  効率化が進んで、ゆとりがないのに、GAME脳というか
  「~~こうすれば、~~に考えれば幸せになれる」て情報に乗せられたおバカが
  「なんでこんな目に遭うんだ!」と逃げ道を探した先に"病名(精神障害)"があったという
  話。で、そもそも自己肯定力や世間からの承認力が強ければ、ストレスが降ってきても
  やっていける。けれど、それほど強い人間は少ないというか、
  世間や自分を完全に欺けるほど悪に徹しきれる人間は少ないってこったな。

B:じゃぁ、お前の理論じゃ、うそって良いものジャン!承認力を得る能動的な行動だし。

A:極論を言うと、そういうことになるのかな?
  う~ん。日々嘘をつくクセを持つ人間でもない限り難しい・・・
  あっ、だからか!

B:まぁ、まとまったところで、今日は風呂はいって寝ろ

A:釈然としないけど、解った。
  一応、XSの修理記録のデータの軽量化に成功したから添付するよ

B:ん?結局tifだったのか?軽量化できたんだろ?

A:いや、単にjpeg化だけでよかったよw

B:元もjpegだけど縮小したりしたからなのかな?そういった情報が重くなった原因らしい。
  にしても20分の1に減るってのも変なもんだな。

A:まぁ、いろいろあがいたモノのみに与えられる成果だろうよ。

B:アドラーか?

A:あ~そういえばそういう人もいたなw

B:成る程ね。切り替え早くなったなw。じゃデータ入れろよ。
  早くしないとまたデータ飛ぶぞ?

A:ヤバイ一旦保存する。

-----------------------------

A:やはり危なかった。軽量版のデータをノーパソから移してなかった。
  添付すれば、容量オーバーでデータ消えるところだったよ・・・
  いつもこういうセルフトラップで躓くんだよな。

B:まぁ、明日以降に持ち越しだなw

A:修理記録については、そうするよ。それにしても良かった。
  面倒事にならなくて。

B:その分、早く寝れるな。

A:最近3度寝してるからな。明日から早起きしようと思う。
  もうそろそろ、習慣づけしないとヤバイ。

B:だな。

2018年2月12日 (月)

仮題:

A:昔、エクセルに貼り付ける画像を圧縮する方法があった。
  jpegやbmpをtifで読み込む方法だったように思う。
  しかし上手くいかない。
  縮小した画像をjpegにすると半分以下になるのは判ったが、
  画像数が多すぎて面倒だ。
  明日試してみようと思う。

B:ファミレスですれば?

A:ああ、そうするよ。

B:そういえば、もう12日なんだな。

A:ああ、そうだな。

B:そろそろかもな。

A:ああ、ちなみにXSの改造は、残すところ、電源のシガーソケット化のみとなった。
  コンバーターさえ安く手に入れれば、後はソケットをつければOKだ。
  まぁ、オイルの問題は残ったけどな。

B:今日走っても気にならなかったろ?大丈夫だってw

A:ああ、しかし、寒いな。もう少し暖かくならないかな~
うk宇ちょ
B:無理だろうな。後2ヶ月は無理だろ。

A:となると・・・就職しちゃってるなw

B:できれば・・・だよ?

A:できるさ。でも続けられるかどうかが問題なんだよな。

B:だな。自分の仕様書つくり・・・続けないとな
  気が付いた事はメモしよう。

A:頭がそっちに行かないんだよな~
  ストレスフリー状況だとさ。

B:じゃ、本でも読みな。そうすれば大丈夫さ。

A:今日ソレをしたんだけどさ。だめだったよ。
  お陰でバイクの改造が捗ったよ・・・
  XSは追加スイッチの位置修正とPSP設置用ステーが付けられたし、
  ビーノはサーバルちゃんを貼り付けることが出来たよ・・・
  遊んでばかりだ。

B:そういう日もあるさ。

A:そうそう、昨日は珍しく丹羽さんから電話があって、喫茶店に行ってきた。
  そして、家まで来たよ。今日は、バイクでファミレスに行って本を読んで
  帰ってから車のタッチペンをして、終わりだよ。

B:まぁそういう日もあるさ。お前、何かトラブルや心配事がないと
  物足らなさそうだなw

A:コレも思考のクセみたいなものかもな。
  今日はもう寝るが、明日この件は自分の仕様書に書き込むことにしようと思う。

B:それで良いんじゃないかな。

A:かな(^-^; 頑張ってる周りの人に申し訳ない気がする。

B:ソレ言っても誰も何とも言えないよ。承認を得られるような活動に
  最終的に繋げられればそれでいいんだよ!
  ソコさえ頑張ればいいんだ。ソコは抜かるなよ!

A:うい!

  

2018年2月11日 (日)

仮題:

A:昨日のログを読み直した。「言い夢見られるといいな~」とあった。

B:で?などうだった。

A:二度寝・三度寝間でしたんだから、きっといい夢だったと思う。
  憶えていないけどね。

B:残念だったな。しかし、かけらも憶えていないのか?

A:ん~。女性が出てきたような・・・
  最近は兄が出来る夢が多かったんだけど、今回はソレでは無いような気がする。
  しかし、なんだか少し幸せな夢だったような。そんな気がする。
  なにせ、寝起きはスッキリしていたからな。

B:って、三度寝間でしておいてスッキリしなかったら病気だぞw

A:かもな。一時期はそんな感じだったな~。

B:そっか、
  で、明日の予定は?
  あっ今日は何したんだ?

A:友人Sには振られたが、友人Nがモーニング誘ってくれたよ。
  さらに家まで来てくれて、バイクを褒めてくれた。少しうれしかったりしてた。

A:後、メータ周りのスイッチをプレートの内側に入れ込む欄とことに成功した。
  配線はしていないけどな。

B:そっか、じゃ後はライト設置だな。

A:あ~ソコがね~適当なライトがないんだよね~

B:あ~軽いのじゃないとダメだもんな。
  ソレはそうと、エアクリーナーフィルターはアレで良いのか?

A:あ?まぁいいと思ってるけど、どうせ大した事はないかと。
  混合比は調整してないからな~。
  エアー関係はいじらないよ。
  それに二つを繋ぐと負圧コックが
  その分余計に振動するだけだ。
  あ~マニホールドの話な。

B:え?エアクリーナーフィルターの話なんだけどw
  まぁいいや。

2018年2月 9日 (金)

仮題:

A:あ~またブレーカー飛んで消えたよ。
  憶えてるのは~
  今日は友人Iの店の模様替え手伝って、お昼をご馳走になったのと、
  注文しておいたドレンボルト300円が届いた事と、
  おもちとおいもを貰った事と、
  畑に水遣りを出来た事と、
  PSを上げる約束をした事と、
  そのソフトが一個もない事から、(エースコンバットすらなかった)
  離婚ってすごい事だったんだなって鬱展開になりかけて、
  そこでBの突っ込み
  「後ろ向きに考えるのもここまでにしとけ、メソッド思い出せ」と言われた。
  で、明日の予定を考えてたのと、
  昨日みたいに風呂のお湯を止めるの忘れないようにって、
  風呂場に行って、乾燥機回して、
  さらに、コーヒー入れようとして電子レンジ動かしてしまったんだよなw

B:お~憶えてるもんだな。

A:うんうん。やっぱり認知症じゃないかな?ってのも
  自分の思い込みや言い訳みたいなものなのかもな・・・
  あっ、一応、もう風呂に入るようにするよ。
  続きは、後で書く。もう23:00だ。

B:うい。

------------------------------------------------------
A:で、風呂からあがってから、取り説の修正を行った「20180209.ppt」をダウンロード
  今夜はいい夢が見られるといいな。

仮題:

A:今日。というよりも昨日か。出してきた。

B:もう寝ろよ。

A:うい。「20180208.rar」をダウンロード

2018年2月 6日 (火)

仮題:

A:昔、随筆、エッセイの類をたくさん読んだ。
  どれもが"正しく"感じたが、それらは擁立できるものではなかった。
  当時、混乱した私は、兄の友人に質問した。

B:ほうほう。

A:兄の友人は、一通り聞いた後、
  「"ここぞ"って時がある。その時さえしっかりやれればそれで良いんだよ」って、
  教えてくれた。とっても安心した覚えがある。

B:ふむ。

A:当時、毎日10冊本を読んでいた。友人らしい友人のいない私は、
  本からしか知識を得る事ができなかった。実体験が無いことを埋めるように

  本を読み、混乱していたのだ。

B:本の毒に当てられた感じだな。

A:そうだな。<書悉く読すれば、書無きにしかず>という言葉に行き着き、
  それ以降、本は、"参考"として読むようになった。
B:そっか。

A:で、これ以上は、書いている間に接続キレるから(joyfull)ファイルで上げる。

B:なるる。
 

2018年2月 4日 (日)

仮題:

A:あああああああああ!ネジなめたぁ!ソレもドレン!!

B:やっちまったな。珍しい。

A:間違えて逆に回してそれでも廻っちまった。ああああああ。一応、
  どぼどぼとこぼれてないから・・・明日朝、また見てみるよ・・・ネジのびてたなぁ・・・
  最悪だ。今日は、最悪の日だ・・・こういう日はとにかく大人しくしているに限る。

A:もう、買い物行って、後は家で過ごす。シナリオゲーでもしてるよ。

B:あ~それで、"ふたまわり"やってたのか・・・

 
A:だいたい夢見が悪かった。昨日といい、今日といい。

B:内容は?

A:昨日はゴキブリが出てくる夢。
  今日の昼寝では後ろから女の人に背中を抱いてもらってた。

B:はぁ?いい夢じゃないの?

A:それがさ、夢の中の設定では、人妻だったんだよね、その女の人。
  最悪だったよ。

B:あらら。

A:あ~俺って「隙在らば」っていう人間じゃないはずなんだけどなぁ。

B:じゃ、何でお前の脳はシュミレートしたんだろうな?

A:多分、普通に女性の友達は欲しいと思ってるからだろうな。
  実際、友達とまでは行かなくても、普通に会話がしたいと思う。
  で、今の俺じゃ、相当の包容力のある人間じゃないとダメだと判断したのかな?

B:ソレ、もうただ甘える相手が欲しいだけジャン。

A:あ~だなぁw

2018年2月 3日 (土)

仮題:

A:やっとこさ、ある程度の修理と改造が人心地着いた。
  写真をアップしておく「Desktop.rar」をダウンロード

B:ってお前、まだ負圧コックの修理終わって無いじゃん。
  失敗だったんだろ?

A:あ~アレなぁ。どうしてダメだったんだろ。
  たぶん自動作動コックのピストンの受け部分のアルミ腐食で
  ガソリンがリークしてんだろうなぁ。
  ちゃんとオーリングの生きてたしベローズ部分にも亀裂無かったのになぁ
  どうしても少しづつ漏れてるな。

B:ん~後は、手動コックを間に挟むかor再修理だな。

A:ん~基本的にそれでもシリンダーに漏れるってのは
  キャブのカップの栓に問題が在るって事だから・・・キャブもバラさないと・・・

2018年2月 2日 (金)

仮題:

A:昨日書いた内容に一部修正だ。

B:ほうぅ?

A:こういう風に書いてある。
  "ん~不満というか、モノの見方や考え方が重要なキーになってる俺の場合、
  自分の長所短所ってのを分けて書くことにあまり意味は無いんだよ。
  自分の気質等の把握と、ソレをプラスに転じる(希望)方法を手に入れることと
  正しく前向きに自分を向かせる方法というか、何らかのモノを手に入れることが
  重要なんだよ。でも、アノ、フォーマットにはソレとは少し違うだろ?"

B:あ~先生のフォーマットに手を加えるって部分な。

A:そう、電化製品に例えるとか、同じ道筋だって話。
  でも、漸くはっきりしたよ。

B:あ~なんとなくしっくりしてなかったんだね。卯卯

A:うん。要はさ、自分の操縦方法って事なんだな、バイクに例えるのが一番に思える。

B:成る程、お前の趣味でかぁ、で?どんな感じなんだ?

A:大きく2点あると思うんだ。
  1)気持ちや感情を上手く誘導(操縦)するって取扱説明書(主にノンストレス時)。
  2)自分のバイク特性に合わせた道を選び、状況にあわせた乗り方をすることで
    人馬一体になることが一番楽しい。ソノ状況に合わせた取り扱い説明書
    (主にストレスフル時)

B:ほうほう。っていうか・・・ココで人馬一体が出てくるとは・・・
  篁中尉か?ブリッジッスくんw

A:いや~冗談じゃなくってさ、楽しまなくちゃ、それ前向きじゃなくて、"べき!"に
  なっちゃうだろ?ある意味、今の否定だよ。それは事実だとしても、
  一面に過ぎない。一事が万事では、また見失うよ。

B:成る程~コレが前向きのって事の正しい解釈って事かぁ。
  で?ソレもまとめるんだろ?

A:ああ、その前講釈をつけて、先生のフォーマットに手を加えてみる。
  ネタは既にある程度、別のファイルに。
  先生に渡した"ばっさり版(4枚)"の元のデータに残ってるからな。
  操縦特性と操作方法って感じで楽しいツーリング・ライディングの仕方を
  まとめてみようと思う。また危険察知や回避方法とかも枝葉が書けそうだ。

B:成る程ね。乗り物に例えるってのは良いかもね。
  自分という(魂)は、こういう感じ(気質を持った)の乗り物に乗ってる。
  で、旅の行程には、山あり谷あり、荒地あり、
  って、そんな感じなんだな。

A:ああ、そうだ。楽しみだ。

B:成る程、それはそれはwじゃ、早速、裏紙にでもまとめろよ。

A:ああ、ある程度のイメージは紙に落としてから、データにまとめる。
  コレも俺のメソッドの一つだな。

B:あ~、まぁソレってパワポのメソッドとしては一般的らしいけどなw

A:そうかwでもまぁ、まとめる時に不必要だと思ったらそぎ落とす。
  今は、過去の経験をフルで活用しないとな。幸い俺は過去の事は
  よく記憶しているからなw

B:そっか、何もかも前向きでいらっしゃる。w

  じゃ~とっととやっちゃってくださいな。

A:ああ、そうさせてもらうよ。ありがとな。

2018年2月 1日 (木)

仮題:

A:ばっさりとまとめたものを主治医に渡してきた。

B:やっぱりお前さん、行き詰ったら、一旦、別のことした方がいいじゃん。
  大正解だったな。

A:ああ、自分で作ったマニュアルとはいえ、その通りの展開で、びっくりだよ。

B:真剣に作ったんだ、そういうことがあってもいいじゃん。良かったな。

A:ああ、良かった事といえば、「リワークに復帰してもいいんじゃない?」って
  先生に言ってもらえたよ。
  そいでもって、例の彼は、先生が辞めさせたとの事だった。

B:LINEとか盛んにやってたからな。別の人間がソレをしたら告げ口して
  追いやったくせにな~ほんと、お前さ、同属嫌悪もあるって言ってたけど、
  アレはお前以上にクズだな。

A:辛らつだなぁ。でもさ、あの嫌悪感は、やっぱり同属嫌悪の一種だったと思う。
   理由が見えないとこなんか特にな。

B:あ~自分が直視したくないと思っているところだから
  上手く表現出来ないけど、・・・嫌だったんだな。

A:ああ、見てるだけで、声を聞くだけで気持ちが悪くなってた。
  コレだけ落ち着いた今であっても無理だと思う。

B:でも、もう居ないってんだろ?ソレに人も随分入れ替わってるって話だろ?

A:そうなんだけどな。慣れるっていうのなら、別にあそこにこだわらずに、
  別の方法を考えたほうがいいのかもって思ってる。
  カルチャースクールとか、無料で無いかなw

B:あ~お前、あのゲーム見つかったのかw?

A:また今度再チャレンジしてみるよw
  あっ後、今、リワークで先生が展開中の自分の仕様書のフォーマットもくれたよ。
  とってもまとまってた。ただ少し改良してから、使ってみようと思う。

B:ん?先生のフォーマットのどこに不満があるんだ?

A:ん~不満というか、モノの見方や考え方が重要なキーになってる俺の場合、
  自分の長所短所ってのを分けて書くことにあまり意味は無いんだよ。
  自分の気質等の把握と、ソレをプラスに転じる(希望)方法を手に入れることと
  正しく前向きに自分を向かせる方法というか、何らかのモノを手に入れることが
  重要なんだよ。でも、アノ、フォーマットにはソレとは少し違うだろ?

B:でもさ、「電化製品に例える」って話は、お前の構想の一つだったろ。
  やっぱり考える事は同じなんだな~良かったなお前、それほどズレて無いみたいだぞw

A:ああ、今日は最高にいい日だ。頑張ろうと思うよ。で、少し疲れたから寝るよ。

B:ああ、<さよなら絶望先生>は7話からだぞ?w

A:そうだった。お茶飲んで、ソレ見てから一休みだ。よくやった俺。

B:ソレもお前のメソッドにあったな。ああ、俺も褒めてやるよ。ただ、その続きには
 「調子に乗るな」があったろ?、あぁ休んどけよ?

A:ああ、そうするよ。あ、今日提示したデータをアップしておくよ
  それ!「20180201_.rar」をダウンロード

  

«仮題:

フォト
無料ブログはココログ