« 仮題: | トップページ | 仮題: »

2017年6月29日 (木)

仮題:

A: 二度目の診察に行ってきた。
  一度目の診察結果を会社に言ったら首になった事を伝えた。
  「あそう。首になったんだ」だそうだ。後は薬の副作用を確認された。
  あの男の考えはかなりシンプルっぽい。

B:あ?他の病院を探すか?

A:いや、今はとにかく病院を経由して手続きをいろいろしなければならない。
  変な契約さえさせられなければ今のままでいい。もしも条件として出してきても、
  何とかはぐらかす。

B:エビリファイは実際、作用しているっぽいもんな。薬が切れたとたんに
  気力がよみがえるとか。・・・
  今は、エンドルフィンが薬で抑えられる作用に繋がっているみたいだな。
  あれ?エンドルフィンってやる気の伝達物質だったよな?
  幸福感はドーパミンだろ?

A:デジタルにやる気の伝達物質と幸福感のソレがコントロールされていないとは思うが、
  一応、作用は納得するしかない。それにまだ、いくら比較的即効性の薬とはいえ、
  まだ二週間も使っていない。それに感情を薬で押さえる必要が後二日で無くなる。
  捨て銭だと思ってストックしておくよ。一度、副作用でも伝えて、
  薬を変えてもいいかもしれない。アノ男の考えている着地点は廃人人生でしかない。
  ただ言われるがままに乗る訳には行かないからな。

B:ん~。お前って結局、人を信用しないのな。

A:いや、信用してるよ。それぞれの心情や背景に沿って、それぞれが生きてる。
  鳥は鳥、魚は魚。でも、ごった煮の状態で存在してる。悪意が常にあるわけじゃない。
  良かれと思っても鳥のアドバイスが魚にいつでも有効なわけじゃないだけだ。
  だから、ソレを考えればただいわれるがままに相手の思惑通りにする事は
  現実に目を伏せた単なるオンブニダッコだと思う。ソレと信頼とは別だ。

B:最近、ソレをしてひどい目に遭ったばかりだからな。分からんでもない。
  「私が全力で守る」と言いながら、追い詰め、最後は、全力でクビへ繋げてくれた上に
  人前では保身に走り、未だにいい人ぶってるリーダー。悪い人じゃないし、
  お前が弱かったのが原因だからな。

A:仕方ない。所詮は自分の保身に走らせた原因は俺でしかない。
  知識がなく、見えていない、見ていない人間からは分からんだろうからな。
  そこに期待する事自体が甘えてるっていうか、
  俺もソレに頼らざるを得ないほどに消耗していた現状があった。
  不幸な組み合わせだったとあきらめたよ。

B:で、どうすんだよ。現実問題。これからさ。

A:今日、ソレの為にいろいろ調べたんだよ。
  今後の生活の為に必要なもの>
  1)医療 方向性>自立支援法適応>手続き>メリットデメリットの確認(デメなし)
            >障がい者認定>手続き(半年受診が必要)>(デメなし・破棄簡単)

  2)退職 方向性>手続き>メリットデメリット 
  >会社(ハローワークの離職理由書類)・離職理由はどう書いてもらって変わらない。
    ハローワークへ提出>失業認定開始(手続き完了は4週間後)・写真必要

  3)今後のスケジュール >手続きと日程
  >|会社にハローワーク書類提出(明日)・明後日退職手続き。
  >|東郷町役場書類(納税証明のようなもの)入手>小牧市役場へ提出
  >|病院>診断書のようなもの(書類は役所製)次診療12日に受け取れるよう提出
  >|病院>診療12日に受けとり。
  >|そろえて小牧市役場へ提出自立支援申請(二ヵ月後受理) 
  >| 

« 仮題: | トップページ | 仮題: »

フォト
無料ブログはココログ