« 仮題: | トップページ

2017年6月26日 (月)

仮題:

B:このところ好き勝手に仕事してるな。
  今日もそんな話か?

A:いや、もう仕事への憤りは無い。

B:ほんとかなぁ。お前諦めが悪いからな。

A:いやぁ、むしろすっきりした感じだ。若者には年寄りの気持ちなんて
  分からんよ。自分の人生が年寄りと繋がってるなんて微塵も思っていない人に
  伝わらない。それは仕方ない。

B:じゃ、何だ?今日は?

A:ふと思ったんだが、あっ、コレもアスペの躁状態のなせる業なのかもしれないが、
  何かを成し遂げた俺と何もしなかった俺って同じなんだろうか?

B:何をいきなり?

A:コレもアスペの躁状態のなせる業なんだろうが・・・
  ふと思ったんだよ。過去に作ったゲームを読んでみた。
  そしたら、結構、本はしっかり書いてあった。なかなかの展開だった。

B:自画自賛か。気持ち悪いよ。
  でも、まぁ本来なら自作のものは時間を置いてみると粗が目立つものなのに
  そこまで言うのなら、そうなのかも知れないな。
  で?

A:読んだ後に2つのことを思ったんだよ。
  一つには、そのゲームは一回既読するとエクストラモードの本が読めるようになる。
  そして、ターニングポイントを本編とは別の選択肢を選んだ状態で進められるんだ。

B:ふんふん。で?

A:そこで思ったんだよ。どっちを選んでも俺なんだよな?ってさ。
  その時に、XSのサービスカタログが目に付いた。
  「このバイクはレースか何かで武勲を挙げたとしたら価値が上がったのだろうか?」
  「いやいや、それがあろうと無かろうと、XS自体が変わるわけじゃない」
  「ただ、俺にとっての価値観は少し変わるかもしれない・・・」
  「けど、やはりそのもの自体が何か変わるわけじゃない」
  「だとしたら、この二つにはどんな違いがあるんだろうか?」ってね。

B:ん~そりゃ、人間と機械が違うからじゃね?

A:そうかもな。

B:まぁいろいろ考えさせられるよな。
  で、もう一つは?

A:俺が生きてきた人生はでこぼこだったし、コレからの人生もでもぼこでしか
  無いと思ってる。振返ってみて、コレまでの修羅場の数々を乗り越えてきた俺と、
  安穏と生きた俺がいたとしたら、ソノ二つは同じ者なのかなぁって疑問だ。

B:なるほどねぇ。最近の流行の異世界モノやループモノの一つのテーマと同じかもな。

A:そういえばそうだな。それらがテーマってほど堀り下げてるかどうかは別として、
  確かにそうかもしれないな。俺らしいっちゃぁ俺らしい疑問か。

B:お前の思考って、本当にアスペなのな。

A:カサンドラ症候群についてもう少し勉強しないとな。

B:お前の場合、そこも加味して、もう一遍、作ったほうがいいんじゃないのか?

A:かもな。

« 仮題: | トップページ

フォト
無料ブログはココログ