« 仮題: | トップページ | 仮題: »

2017年8月 4日 (金)

仮題:

A:あれれ、昨日書いた内容が全部無い。

B:だから<保存>押した後、完了するまでちゃんと待てとあれほど・・・

A:焦る事もなかったのに、注意不足だった。

B:仕方ないな。で、今日はAM:ハローワーク(認定最終日) PM:リワーク(ケースワーク)
  だったんだよね。

A:うんうん。春日井のハローワークの雰囲気は今までに知っているハローワークとちょっと
  違ってた。理想的だと思った。犬山が悪いって訳じゃないけど(若干、受付の一人がダメ)
  春日井は、岩倉のUFJ銀行なみに良く出来たところだった。
  やっぱり、しっかりした年寄りの居る会社っていいなぁって思った。

B:お前も年寄り何だけどな。

A:どうしてだろうな。自分もそうあろうとしていたけど、若者は傍若無人で、
  辟易する。あんななんだな若者って。自分の過去を見せられているようで情けなくなる。

B:なるる。で、今日のリワークはどうだった?

A:いきなり自習。この所ほとんど自習だ。仕方ないとは思う。
  まぁいい、そのほうが。
  認知行動療法の講義があるのだけど(授業はほとんどそれだけ)
  ストレスの処し方を勉強する以前の問題を抱えた自分には、
  あまり本腰を入れられないテーマだからね。

B:ん?どうして?気力が充電されたら就職するんでしょ?
  その時に役に立つんじゃないの?

A:ん~。えっとさ。
  俺は精神的に限界を越え、体にまで以上が出てきたので受信したんだ。
  つまり、自分的には、一時障害は精神的な疲労なんだ。
  そして、二次障害として、もともと持っている生きにくさ(性格)の悪いところが強く出て、
  社会不適応症状を起こしていると思っていた。

B:うんうん。

A:しかし、どのような考えからなのか。先生の見解では、
  そもそも発達障害(性格)が原因で社会不適合になっている。
  だから、コレまでの誤って学習した認識(認知)を理解しる事。
  自分がどんなストレスに弱いのか知る事。
  ソレらをコーピングするための手段や技術を準備する事。
  これらによって、職場でストレスに負けないスキルを身につけ、職場復帰に
  繋げようとしているように思う。

B:うんうん。

A:けど、違うんだよな。前記の通り、最今の俺は電池切れで
  空回りしていて、コレまでかろうじて出来ていた社会適合が出来なくなって
  居ると判断した。
  電池切れで足掻けば足掻くほど、さらに消耗し、状況は悪化する。
  この一年で嫌というほど体験した。

  不安定な電圧、電流量しか流せない状況で、小手先の対応をしても
  まともな解決は出来ないことは良く知っている。
  だからここは仕切りなおすために休む事にしたんだ。

B:うんうん。

A:漏電箇所というか、ムダに電気を浪費する場所を調べ、改善し、
  電池に充電する方法を調べ、充電する。
  また、過放電しないように働く方法を知り、

« 仮題: | トップページ | 仮題: »

フォト
無料ブログはココログ